ACワインblog

吉祥寺の小さなワインショップによるブログです。

2020/8/9  8月営業日のお知らせと色々新着

梅雨あけましたね。
暑くなりましたね。
こんにちは。吉留です。
さて、8月の営業日のお知らせを改めて御連絡です。

スクリーンショット (17)

3日(月) 11日(火 10日祝日の振替) 
17日(月) 18日(店休日を頂きます) 24(月) 31日(月)
に店休日を頂戴します。
特に
17(月)18(火)の連休
にご注意くださいませ。


よろしくおねがいいたします!!



営業日のお知らせ  6月19日更新!

本日より首都圏1都3県の移動が解禁となりました。
それにあわせまして、
当店舗はしばらくの間、以下の営業時間・定休日で営業致します。

火~金曜日 営業時間12:001900

土・日曜日 営業時間11:001930

月曜休み(月曜が祝日の場合はお店を開けまして、翌火曜にお休みを頂きます)

 

ただ、19時以降も店舗内にスタッフはおりますので、
外からお声をおかけ下さればお買い物も可能でございます。

「仕事の都合で、どうしても20時を回ってしまう」という方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ。


2020/6/14 6/16(火)は臨時休業!とスタッフさん募集アゲイン

コピスの地下よりこんばんは。
ACワイン吉留です。

既にメールマガジンでも何度もご案内しておりますが、改めて、
6/16(火)は臨時休業になっております。
6/15(月)と合わせて2連休です。
皆様、御確認下さい。


そして大事な点、スタッフさん募集!のお話を今一度。

当店は小さな店舗ですが、お蔭様でお仕事はたくさんあります。
ワインのお仕事はちと難しく、それだからこそ楽しい部分もあります。
アルバイトさんとして、
社員さんとして、
がっちり働いて頂ける方、募集しております。

アルバイトさん
時給:1100円スタート~業務遂行の能力によって上がっていきます。
交通費全支給 エプロン貸与 社販あり 時間給は当たり前ですが1分単位でつきます
試飲ありのため20歳以上 土日勤務できる方特に希望

お仕事はどれ其れ担当、とか分けずに、業務全般できるのが理想です。
ということは、「やりたいことだけ」、は逆にできないということでもあります。
まあ、どんなお仕事でもそうですけど・・。
勿論業務はは分かり易くお教えします。
時間をかければ、業務の一部分は反復の部分が多いので、習得は全然可能です。
実際全くの初心者から初めてかなり長い間働いて頂いているアルバイトさんもいらっしゃいます。
少なくともがっちり入れれば、結構稼げるかと思います。

社員さん
ご相談下さい。週休2日死守。開店時間は11:00~18:00と短め(今のところ)。有給消化推奨。明確な能力給規定あり。試飲ばりばり。資格取得補助あり。

繰り返しますが、少しずつやっていけば、体得できる業務内容です。
後は、目的意識によって変わってくると思います。
ワインショップ勤務は、職種は販売ですが、サービス業の面が強いです。
素直で正直、とか基本的な資質は、仕事上当たり前として、
人の意識が、人が作ったものが、好きな方。
勿論、ワインにご興味ある方。
文章を書くのが苦痛でない方(こういったブログとか・・)、
SNSとか得意な方、お待ちしております。

いずれにせよ、会社と個人の関係は、お互いの相性もありますので、
お話してみて、行けるかも!と思ったら、まずは働いてみるのも良いのかな、と思います。
まずは

お名前:
ご連絡先:
希望勤務時間と日数:
店舗までの大まかな移動時間:
これまでの簡単なお仕事:
何か言いたいことやご希望:

acwine.order@gmail.com

までご連絡下さいませ。
折り返しご連絡差し上げます。
皆様の熱いご応募お待ちしております。

 

2020/6/3メール受注続投の御知らせと営業日とスタッフ募集の御知らせ

吉祥寺コピスの地下からこんにちは。
こんな時間だからこんばんわ、でしょうか。

ついに緊急宣言が「取り合えず」解除されましたね。
ご勤務の形態が変わられた方も、
とりあえず元通りにご勤務される方も、
自粛を頑張られた方も、
ストレスに耐えた方も、
新しい楽しみを見つけた方も、
なんとかやり過ごした方も、
皆様、たいへんたいへんたいへんお疲れさまでした。
この先どうなるかは分かりませんが、区切りは「とりあえず」一つ付いたのかな、という感じですね。
又何か社会に変化が起こった際にも、それに適応していけばいいんです。
大丈夫、皆様ならできます。
当店も私も頑張ります。

今回のブログは表題通り、

①メール受注、継続のお知らせ!
②6月は月曜以外に6/16(火)お休み頂きます!
③スタッフ募集してます!

になってます。

①メール受注、継続のお知らせ!

この慌ただしい中で当店にお声をかけて頂き、メールやお電話での御連絡を頂戴しまして、
皆様、誠に有り難うございます。
さらに、当店のお電話やメールでの「お伺いサービス」といいますか「カスタマイズセット」といいますか、発送での御提案サービスに
「いつまで続くの?」
と結構な頻度でお問合せを頂戴しております。
色々考えましたが、今のところ当店としては
「また皆様にご報告するまで
しばらく続けさせて頂きます!」

というスタンスであります。
改めて、オーダーの方法は、詳しくは下記のリンクをご覧くださいませ。

メールでも受注承っております。

やはり、タイミングによっては御発送までにすこ~しリードタイムを頂く時がございますが、
なるべく短縮できるよう頑張ります。


②6月営業日のお知らせ。
祝日が無い!ことで有名な6月ですが、当店では
毎週月曜日の定休日に加えて、6/16(火曜)を臨時定休頂きます。

6月カレンダー

相変わらず営業時間は18:00までとなってますが、
中にはスタッフが全然居りますので、
実質営業しております。
営業時間を過ぎましても、恥ずかしがらずにお店にどうぞ!
いつもより少しリラックスしてるスタッフが御提案致します。

③そして大事な点、スタッフ募集!であります。

当店は小さな店舗ですが、お蔭様でお仕事はたくさんあります。
ワインのお仕事はちと難しく、それだからこそ楽しい部分もあります。
アルバイトさんとして、
社員さんとして、
がっちり働いて頂ける方、募集しております。

アルバイトさん
時給:1100~業務遂行の能力によって上がっていきます。
交通費全支給 エプロン貸与 社販あり 試飲ありのため20歳以上 土日勤務できる方特に希望
週3日以上の方が業務内容の体得が早いかも、です。
少なくともがっちり入れれば、結構稼げるかと思います。
とりあえず働いて頂いて、業務を確認して頂くのも大いにあり、です。
ご興味あれば、社員さんになって頂くのも大いにあり、です。

社員さん
ご相談下さい。週休2日死守。開店時間は11:00~18:00と短め。有給消化推奨。明確な能力給規定あり。試飲ばりばり。資格取得補助あり。

少しずつやっていけば、体得できる業務内容です。
後は、目的意識によって変わってくると思います。
ワインショップ勤務は、職種は販売ですが、サービス業の面が強いです。

人の意識が、そして人が作ったものが、好きな方。
勿論、ワインにご興味ある方。
お待ちしております。

いずれにせよ、会社と個人の関係は、お互いの相性もありますので、
お話してみて、行けるかも!と思ったら、まずは働いてみるのが良いのかな、と思います。
まずは

お名前:
ご連絡先:
希望勤務時間と日数:
店舗までの大まかな移動時間:
これまでの簡単なお仕事:
何か言いたいことやご希望:

acwine.order@gmail.com

までご連絡下さいませ。
折り返しご連絡差し上げます。
皆様の熱いご応募お待ちしております。


営業日・営業時間変更のお知らせ (5月5日版)

緊急事態宣言の延長に伴いまして、当店舗の営業日・時間が少し変更となります。

主な変更点は以下の通りです。

 

・今週9日から土曜・日曜日を営業致します。

・それに伴いまして、月曜が定休日となります。

8()以降、営業時間が1118時となります(閉店が1時間早まります)

7()に臨時休日を頂戴いたします。


スクリーンショット (13)



火~日曜日 11:001800 / 月曜休み(祝日も営業)

(明日56日は19時閉店となります)

 


ワイン配送のご案内

当店では現在、お電話・メールでの配送の御注文も承っております。

 

以下のフォーム欄にご記入のうえ、

acwine.order@gmail.com(受注専用メール)

までご連絡下さいませ。折り返しご連絡差し上げます。

 

【お名前様:       】

【御住所:       】

【お電話番号:      】

【御注文内容:      】

【お支払い方法: 銀行振り込み or  代金引換  】

【ご希望のお届け日時:       】

【備考欄:       】

 

※ご注文内容について

ご希望の銘柄・御予算・本数などをご記入ください。

1万円で赤2本、白3本。白のうち1本はフランス産のシャルドネを」のようなご注文内容でも大丈夫です。

ご希望内容に沿ってセレクトしました銘柄を、簡単な解説および写真を添付したうえで返信致します。

備考欄に「見積は不要」と頂けましたら、最短にて出荷致します。お急ぎの際に御検討下さい。

 

※お支払いについて

当店では現在、「銀行振り込み」と「代金引換」の2種類からお支払い方法をお選びいただけます。

・銀行振り込みの場合、商品確定後にメールにて金額と口座をお伝えいたします。

・代金引換の場合、代引き手数料300(税別)を別途で頂戴しております。

 

※お届け日時について

ご希望のお届け日をお書きください。商品確定日から約2日後にお届け可能です。

お時間の指定も可能でございます。時間帯は以下からお選びいただけます。

【午前中】

12001400】【14001600

16001800】【18002000

19002100】【20002100

 

※送料について

配送需要の拡大に伴いまして、現在、送料特別サービスを行っております。

6本以上ご購入で送料500(税別)

12本以上ご購入で送料無料

(クール便の場合は、別途300(税別)を頂戴します)

 

【送料一覧(普通便)】

3a7528f0 (2)

2020/4/30 GWの営業日についてお知らせです。

皆様こんにちは!
ACワインです。
皆様から問い合わせを頂戴しております、ゴ-ルデンウィークの営業日について
あらためてこちらに御連絡致します。
土日以外は営業致します!
つまり
5月4日(月)~5/6(水)の祝日は営業致します
祝日やってるかどうかのお問い合わせが多かったもので・・・。
スクリーンショット (11)


緊急事態宣言の延長を受け、又営業日時が変化する場合がございます。
色々落ち着きがなくて申し訳ありません。
また、コピスビルからの通知があり、営業時間の変化をしなければならない場合、
すぐにご連絡させて頂きます!
ACワイン

2020/4/22 受注・発送のお届けのお日にちついて

皆様こんにちは!
ACワイン吉留です。
メールやお電話での御注文、多くの御反響を頂きまして
誠に有難う御座います。
なにせ、主に普段から御愛顧頂いております皆様からの御連絡です。
6本で500円で、12本で無料という送料形態も御注文の後押しになっているとは思うのですが、
当店への応援感を強く、そう強く感じております。
誠にありがとうございます。
↓こちらのアドレスにてご連絡お待ちしております。
acwine.order@gmail.com

そしてご注文に対して、
これまでのご購入履歴やお好みを参考にさせて頂いておりますので、
通常の接客での販売とそう変わらない感覚と思考でご案内できるのが、心強く、助かります。
この手の販売はほぼ初めてなのに、御注文頂きます御客様も実に手慣れたもので、

白〇本 赤〇本 いつも同じ感じで代引きで合計〇〇円ぐらいで、
とか
各1000円台で合計〇本、白〇本(内フランスでアルザスで〇本、ブルゴーニュで〇本)・赤〇本(濃いめで〇本、優しめで〇本)お支払いは請求書同封で、
とか
白2本泡2本赤8本合計12本。いつもぐらいの価格帯で、銘柄は全部お任せでお支払いは後で、
とか。
12本でお任せ代引きで、合計〇〇円で、
とか。

注文慣れしてらっしゃる、という感じです。
まあ、店頭での流れと同じですので、皆さまその感覚を持って御依頼頂いているなあ、
というのが良くわかります。

そして、ここからが本題なのですが、
なるべく早く、ご満足いただけるように御提案をするように
しておりますが、御依頼を頂戴しましてから、その内容に沿うよう考えて、お好みに合うよう、
御一人毎にカスタマイズしているのが現状です。
つまり、その性質上、少々お時間を頂くことになってしまいます。
更に、倉庫から思ったタイミングで商品が納品されないこともございます。

なるべく早く御対応・ご発送させて頂きたいのはやまやまなのですが、
御連絡を頂戴しましてから、商品確定・お届けまで少し御日にちを頂く場合が御座います。
近日中に、お手間と時間をお掛けしない、しかし内容に自信を、もっておすすめできる
「ACワインセット」的なものの御案内も考えております。
まずは皆様へのお気持ちへの御礼と、お日にち頂戴する可能性についての御案内でした。

どんな御時世でも応援頂く皆様が、心身(特に心の方を)ともに
健やかにお過ごしになることを願っております。
ありがとうございます。

写真は入荷しておきながら、出陣の時を今か今かと待ち続けている、新作です。
ナチュラルな方たちです。素敵な特価が出ました。

ブログ用1

此方はフランチャコルタの名門による、セカンドレンジ。
当店の周年特価としてなかなか無茶な価格でご提案が可能になってます。
上のレンジがすごいのは勿論として、通常のブリュットとロゼに感心、であります。
なんやかんやで新着ももりもりきております。
ブログ用3

【4月7日更新】 コピス臨時休館に伴う営業変更のお知らせ

こんにちは、ACワインです。

落ち着かない日々がつづきますね。

先程コピス吉祥寺さんから、緊急事態宣言以後の営業形態が決まったと連絡がありました。
結論から申し上げますと、当店ACワインは
4月8日(水)~5月6日(水)まで開店が
月~金曜日 11:00~19:00 / 土・日曜休み(祝日は営業)
となります。
(従来の営業時間は11:00~20:00)

土日は休みですが、祝日(4月29日、5月3日・4日・5日)は営業致します。
以下にカレンダー表をご覧ください。


閉店19:00となってますが、あくまで見込みです。
いつも通りの何となく閉店ですので、これ以降にご来店頂く場合は、
念のためお電話頂いてもいいかもしれません。(どうせ仕事で残ってると思いますけど)
0422-29-7461 まで是非どうぞ。
そして、これから状況に応じて変化することも考えられます。
あくまで「現状は」という感じです。
もし変わりましたらまたこういったブログ・ツイッター、フェイスブック等でご案内します。
スクリーンショット (9)


緊急事態宣言を受けましてコピス吉祥寺は

明日から5月6日(水)まで、全日の臨時休館が決定致しました。

しかし、例外として一般食料品店である三浦屋さんやカルディさんは営業、

それにあわせて地下1階の店舗も営業を許可されたという形です。
なので、今のところ平日だけではありますが、店頭でお買い求めいただけますし、
引き続き配送でのご依頼も承っております。

 

 

御来店以外での御注文方法まとめ

普段御来店頂いておりますお客様に極力ご迷惑をお掛けしないよう、

4/25/6まで、送料特別サービスを行います。

全て日本郵便さんによる配送での手配となりますが、期間中限定で

6本以上ご購入で送料500(税別)12本以上ご購入で送料無料

とさせて頂きます。
期間:4/12~5/6

3a7528f0 (2)


配送時のお支払いですが代金引換or銀行振り込みの2種類からお選びいただけます。

※代金引換は代引き手数料として別途300(税別)を頂戴します。

※銀行振り込みは入金確認後の出荷となります。ご了承くださいませ。

 

お電話による御注文

まずは基本ですが、お電話での御注文です。

電話番号:0422-29-7461

11200円ぐらいで6本合計で〇〇円ぐらいなど、御来店時と同様にお話を伺いながらアイテムを御紹介する形となります。
ただし、土日は当店スタッフも店内に入れなくなってしまいますので、御対応時間は

月~金曜日 1100~19:00 / 土・日曜休み

となります。宜しくお願い致します。

 

メールでの御注文

以下メールアドレスアドレスへの御注文もお受けしています。

acwine.order@gmail.com

【御注文内容】

「赤〇本(うちカベルネ1)、白〇本、泡〇本。合計送料込みで〇〇円ぐらいで」や、
1万円で完全おまかせ」など、ざっくりとで構いませんのでお教えくださいませ。

その他、

【お名前】
【ご住所】
【お電話番号】
【お支払い方法(代金引換or銀行振り込み)

をご記入の上でメールのほど、お願い致します。また、

【配達のご希望日時】
もございましたらご記入ください。

例えば関東圏内でしたら、12時までの御注文で翌日午前中からのお届けが可能でございます。

時間帯は以下からお選びいただけます。

「午前中」 「12001400」 「14001600」
16001800」 「18002000」 「20002100」

 

 

ご利用、心よりお待ちしております。

2020/3/29 臨時休業のお知らせ

皆様こんにちは。
ACワイン吉留です。
雪ですね。
それも思ったより激しめの。
御来店を予定頂いてた方にはとても申し訳有りませんが、
本日は臨時休業とさせて頂きます。
また、火曜日より、皆様のご来店をお待ちしております。
いつも有難うございます。
image

写真は私の家の二階から撮った 、
プリマドンナ2019です。 
寒そうに見えますので、
この後すぐに屋内に避難して貰いました。

2020/03/29 営業時間変更

皆様。雪ですね。
本日の営業時間変更のお知らせを急にご連絡します。
開店時間を12時からにします。
状況により閉店時間も変わるかもしれません。
宜しくお願いします。
 

2020/3/27 土日の営業について

みなさま、こんにちは。

当店が入っているコピスビルが
時短営業の延長を発表しました。当分の間、とのことです。
3/28(土)、3/29(日)の土日も、コピスビルは下記時間帯で営業します。


スクリーンショット (2)


コピスビルの中において、自由な営業方針と営業時間で知られる当店ですが、
3/28(土)、3/29(日)、当店は営業致します。
時間は「いまのところ」いつも通り11:00~20:00です。
コピスビルの時短営業時間帯とも違います。

すごく悩みました。
今でも悩んでおります。
正直、休んでいいのではないか。
寧ろ休むべきなのではないか。
不要不急の外出を避ける。
生活に必要な日用品は買いものに行って良い。
コピスは、営業します。
土日にしかご来店できないお客様もいらっしゃいます。
そしていつも土日にご来店頂いているお客様の中で一部の御客様が
木金で前もってご来店頂いてますから、
絶対いつもよりも当店も空いているでしょう。
そもそもいつもの土日よりも街には確実に人出が少なくなるでしょう。
ということは「人が密集」しつつ、かつ「長時間」いることには当店は当たらないのではないか。
しかし、不要と言われれば、お酒を飲まない、あるいは何らかの理由でワインに嫌悪感を抱いている方には、完全に不要、というカテゴリーには入るのかもしれません。
そもそも1日2日ワインを飲まなくても、おおごとになるわけでもありません。
ご来店のための行動を制限するために、お客様のリスクを軽減するためにも閉めるべきではないのか。
大体、雪降るんでしょ?

もにゃもにゃがぐるぐると頭を回ってます。


そんな中で今回開けてみようか、と思った理由は

・人出が思ったよりも少なさそう
・前例が無いからとりあえずやってみてから判断する。
・仮にやっぱり店休します、早めに閉めます等の急な変更をしても、当店のお客様は受け入れてくれそう(お客様の懐の深さにおんぶだっこです。すいません)
・こういった機会に、新しくお客様に提案できそうな方法(一応ずっと考えてた)を実行に移す準備をしてみよう

といった考えが自分の中でまとまったからです。

今回どういった行動にも、全方向的な正解は無い、とは思います。
しかし、行動の変更はできる、というのは事実としてあります。
あ、こうすればよかったのかも・・・。というときには潔く行動変更します。
急な時短営業や店休や営業形態変更になるかもしれません。
その際は変更の判断つき次第、御連絡致します。

皆様、何卒宜しくお願い致します

ACワイン 吉留

当面の営業時間について(3/13・追記あり)

当店の入っておりますコピス吉祥寺ですが、
新型コロナウイルスの感染防止として以下の期間、
本館(三浦屋さんやカルディさんが入っている区画です)の営業時間を
下記の通り短縮することが決定しました。
期間:3月3日(火)から3月15日(日)まで
営業時間:10:30~19:30

ただし、当店ACワインは飲食館であるコピスffという施設に属しているため、
以上の短縮営業は当てはまりません
。なので
当面は通常通りの営業時間である
11:00~20:00(月曜定休)
となります。

今後、ウイルスの感染拡大状況によっては変更する可能性がありますが、
何卒宜しくお願い致します。


(追記 3/13)
コピス吉祥寺本館の営業時間短縮が下記期間まで延長することが決定しました。
期間:3月3日(火)から3月31日(火)まで
営業時間:10:30~19:30
当店は変わらず11:00~20:00です。宜しくお願い致します。


E3FCE567-FA77-417E-A1D1-B91FB6E51910
コピス地下駐車場、台風の日並みに空いてます

2020/02/02 お休みリマインド

皆様こんにちは。
ACワインです。
改めて店休日の御連絡ですが、
2月はかなりの変則営業になっております。
宜しくお願い致します。
スクリーンショット (46)
明日3日(月)と4日(火)は2連休
17(月) 18(火) 19(水)で3連休とさせて頂きます。

3と4はスタッフ研修です。いつもだらだら8時過ぎても9時過ぎても店で残務を片しておりますが、
明日の日程が早いため、本日は8時で手早く閉めてしまいます。
ご了承くださいませ。

研修のテーマは毎回違います。
今回のテーマは・・テーマは・・・
テーマねぇ・・・。
え~っといろんな環境でティスティングすると、どのような感じになるか。とかでどうですか。
温泉地とか。
電車の中とか。
映画を見ながらとか。
image

さあ、あとは何をティスティングするかでしょうか。
大きく導入をする予定のシャンパーニュの伝統的メゾン、
ド・ヴノージュの上級レンジ・プランス ブランドブランなのか
はたまたロイマーのケーファーベルグ グリュナーなのか
ド・ヴノージュの上級レンジ・プランス ブランドノワールなのか
又は全部なのか。
更に本数を追加をするのか。
悩ましい。




2020/1/24 2月の定休日と新入荷ジュース

本日の映画感想
こまっしゃくれた可愛い子供の視線の高さとエエ大人。
-ジョジョ・ラビット
182668

 みなさまこんにちは。ACワイン吉留です。

2月の店休日は変則的になってます。
スクリーンショット (46)

まず、2月の3日(月・定休日)と4日(火曜・お休み)で連休になります。(スタッフ研修
10日は月曜日で通常は定休日ですが、11が祝日のため、休前日となりますので、営業します。
代わりに12日に店休日を頂きます。
そして、19日(水)がコピスの法定点検のため、全館休業です。
それに合わせて17日(定休日)があるため、18日(火)をお休みさせて頂き、
店舗としては3連休になります。

ややこしくて誠に申し訳ありませんが、
上記の表と合わせてご確認下さい。
宜しくお願い致します。


image

そして写真は、前年もひっそりと入荷して、ひっそりと無くなった、
オーストリアのナチュラルな葡萄ジュース(最近多くない?)になります。
image

ご覧の通り、気持ちよく濁っております。
味わいは、見た目に反して雑味はまるでない、さらりと旨味系です。
香りからはっきりと硬めの桃やネクタリンなどのバラ科の植物。
更に日向夏などのジューシィな酸を持った柑橘系のピール。
余韻(!)が長く続く。世界遺産ヴァッハウ渓谷で穫れた、高級ワインを生みだす畑のゲルバー・ムスカテラー100%。マスカットだけに、甘みを想起させる香りにも関わらず、後口がえらいことさっぱりしてます。ミネラル豊富。
image

お値段は2000円近くとちと高めですが、飲み物として品質高い、と思います。
実際私自分で買いましたし。
12本限定。
お楽しみに。

そして、年末から扱いだしました、コンディションの良いインポーターさんの新着アイテムも
今色々と仕入れております。
更に欠品していた熟成ブルゴーニュなんかも・・・。
詳しくは店頭とメルマガにてご覧ください。
結構入れ替わってます。

2020/01/03 お店の営業日の御知らせ

みなさま あけましておめでとうございます。
2019年もほんとうに、大変お世話になりました。

2020年のACワインは2日より営業日を開始しております。
2日と3日は18:00までの営業となります。
ご来店ご予定の方は御注意下さいませ。

当店のお休みなのですが、
1月と2月で少し店休を設けつつ、
並行してstaff個別に連休を頂こうかと思っております。

スクリーンショット (43)


ところで
最近当店で活躍してくれている、オーストリア産の「ジュース」を御紹介します。

C9214721-D79F-4E01-B24B-560BE771C05F

黒ツグミくんが可愛いこのボトルは
その名も ル・メルル Le Merle 
そう、ビオディナミで造られたワイン用葡萄から生まれるジュースなんです。
メルロー100%。
品種的にもツグミの一種であるクロウタドリ(merle)が好んで食べることからメルローMerlotと名づけられたそうですが、その名前を冠しているんですね。
生産者は白やジンで当店でも人気のヴィーターシュタインです。
お母さんのグレーテさんが蒸留酒、娘のビルギットさんがワイン担当なので、ビルギットさんの手によるものだと言う事でしょう。
このワイナリー特有のおそろしく軽やかでスムースな口当たりはジュースでも健在。
勿論アルコール0%。
輸送もちゃんとしているため、つるつるとした口当たりのピュアなフルーツ感が心地よい。
きちんと冷やしてもタンニンはほぼ感じないレベル。

という面白アイテム。
本年も皆様に色々面白ワインをご紹介させて頂こうかと思っております。


私達の基本方針の、最も大事なところの一つは
既存のお客様により快適にお楽しみ頂くために、改善すべきところは改善し続けたい
という部分です。
常により良くしたい、
という考えがあり、その為に
なるべく仕事を無理なく効率化
していったり
ワインのコンディションを常にチェックしたり
することを手段として用いるように心掛けております。

出来てない部分も多く、満足していない部分も多いとは思います。
思いますが、それでも
とにかく完璧でなくともよい、前進を心掛けていきたいと考えております。

o0360044410880112104完璧でなくともよい、前進することだ~ロバート・マッコール *誰かわからない場合はThe Equalize イコライザーを見てみよう!


具体的なアクションとしては

働いてくれるスタッフの募集採用であったり、
テキストの中身をきちんと精査し更新することであったり、
より慎重なアイテムの採用であったり、
コンディション良好な輸入業者さんと新たにお付き合いすることであったり、

という部分になるでしょう。
時には進むスピードを遅くしてでも、
自分達で納得のいくことに着手していかねば、と思います。


皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。

下書きが1/2。アップは1/3。のACワイン 吉留

年末年始の営業時間のお知らせ

通常は月曜定休の当店ですが、

年末は月曜日も含め全日営業となり、年内のお休みはなしとなります!

また、年越し前後だけ営業時間がやや短くなります。

大晦日と12日&3日は18時閉店となります。ご注意ください。

 

1230日 11:00~20:00 

1231日 11:00~18:00 (閉店が2時間早まります)

11日 お休み

12日 11:00~18:00

13日 11:00~18:00

14日 11:00~20:00 

 

14日以降は通常営業(11:00~20:00・月曜定休)となります。

2019/10/18 営業日の御知らせです

みなさまこんにちは。
ACワイン 吉留です。

来る  10 / 22( 火 ) は祝日のため、

その前日である 10 / 21 ( 月 ) を営業させて頂きます。

その代休として、 10 / 23 (水)を 店休日とさせて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

スクリーンショット (41)
 


13日の営業のお知らせ。

皆さま大事ありませんでしょうか。
吉祥寺は台風一過で快晴です。
午前中、井の頭公園を歩きましたが、
池の水位があがり、枝や葉がやはり多めに落ちておりましたが、
特に目立った倒木などもなく、でした。
告知通り、ACワインは本日13日(日)、14時より開店いたします。

2019/10/11 臨時休業の続報です

こんにちは。
ACワイン吉留です。
明日土曜日は
「台風最接近に備えてコピスが臨時休業になります」
と先ほどお伝えしましたが、
翌日曜日も14:00からの開店になります。
皆様、宜しくお願い致します。

コピスの御知らせ

JRさんも運休になるようですね。


JRさんだけでなく、配送業者さんも各社お休みだとのこと。
それでいい、と思います。
みなさん、お休みしましょう。
安全のほうが大事です。

皆様お気をつけて。映画でも見てすごしましょう。
ワインもお供にしてもいいかもしれません。
そういえば最近TSUTAYAさんでも発掘品と称して幾つかの・・・
という話はいいか。

皆様、ご無理のないように。

2019/10/11 臨時休館の御知らせ

こんにちは。
ACワインから臨時休館の御知らせです。
台風19号の最接近に伴い、
明日 2019/11/12 (土) が全館、臨時休館が決定しました。
また、日曜日の開店も遅れる可能性が御座います。
日曜日の開店時間については、コピスの営業本部の決定が夕方に発表されると思います。
とりあえず、土曜日はお休みです


JRさんの一部運休も発表されました。
吉祥寺パルコさんも決定されたそうですが、当店が入っているコピス吉祥寺も、と言う事になります。
皆様、土曜日は外出は控えられて、ごゆっくりお過ごしください。

当店は土曜日全休は開店以来恐らく初めてです。
私も、備えが終わった後は、今回の台風被害が少ないことを祈りつつ、
外出をせずにゆっくり過ごします。


2019/09/17 営業日と新着ワインとスタッフさん募集の御知らせ

こんにちは。
なんだか最近週末お天気悪めなイメージがあります。
今週末もか・・・
スクリーンショット (39)

今更ですが、9月の営業日の御知らせです。


スクリーンショット (37)

今年はシルバーウィークというのは無いんですね。
連休の間も面白ワインをご用意してお待ちしております。
23日月曜日(祝日)は営業しまして、24日はお休み頂きます。

新着ワインの一部を御紹介です。

IMG_3226
「1リッターワイン」
てストレートに過ぎる名前。
そして抑制の効いた、しかし可愛いラベル。
さいこう。
中身はゲミシュター・サッツの麗しき超新星、ユッタ・アンブロジッチのブレンド白。
グリューナーとリースリングから。
流麗で雑味無く、透明感に秀でた辛口。
起伏を造っていくタイプではないため、派手さはありませんが、
しみじみ染み入る、秋口にも良さげな1本。
生産者HPには
「ウィーン周辺のワインを知りたければ、1リッターワインをのむべし」
と書いてました。
自信あり!ですな。
こんな感じでワインも秋的雰囲気を漂わせた感じになってまいりました。


ところで大事なことなのでフォントを大にしてお知らせします。
ACワインでは一緒に働いて頂けるスタッフさんを募集しております。
前もってお話しておきますが、極小店舗ですが、販売本数は中々な、まあまあ忙しめのお店です。

ACワインからのお知らせです。

販売スタッフさん(アルバイトさん、社員さん)募集しております。

ワインショップでワイン販売のプロフェッショナルを目指す方

ショップで働きつつワインを勉強したい方

取りあえずワイン販売とはどんなものか試してみたい方

スタッフ割引で安くワインを買って家で楽しみたい方

「 ワインにご興味ある方 」お待ちしております。

 

アルバイトさん:時給1000~スタート。履行していただく業務内容によって時給は上昇します。10:30~20:00の間で可能な時間をお教えください。交通費全支給。エプロン貸与。無論ばりばり働きたい方、定休日日以外の全日で入れます。お休みは大事と思いますが。

平日1日無いし2日、そして土日入れる方、お願いします。(というのは平日のお仕事をこなしていただきつつ、土日に入って頂いたほうが、お仕事上流れがわかってやりやすい、というのが現在の当店の流れなのでです。)

社員さん:業務内容によって変動。週2日お休み+連休色々。有給休暇。資格取得費用補助など。諸々。

 
当たり前の話ですが、残業は余すことなくつきますし、
元々の営業時間が11:00~20:00とショップにしてはかなり短いので、
休憩時間含めれば稼働時間短めかと。
試飲ばりばり。勿論全経費会社もちなのでご安心を。
急なお休み、OKな職場です。


ハードル高そうな響きのワイン専門店ですが、簡単な作業から初めて、こなしていけば初心者の方でも意外と大丈夫です。

ワインは瓶なので陳列でも力仕事の面が結構あります。
体力に自信のある方、ワインがお好きな方、呑みたい方、
他のワインショップでの仕事に疲れた方、お待ちしております。

0422-29-7461    担当:ヨシドメ


2019/08/11 8月営業日の御知らせです。

こんにちは、全っ然っっっ更新出来ておりません。申し訳ございません。
夏になっちゃいましたね。(今更
雨、降らないですね。
いい天気続きますね。

スクリーンショット (33)


ACワイン吉留から8月営業日の御知らせです。
いまさらかぁ。

お休みは5(月)、13(火)、19(月)+20(火)、26(月)となっております。
スクリーンショット (30)


8/11の山の日の振替休日である8/12を営業しますので8/13を当店振替休日とさせて頂きます。
うむ。ややこしい。
8/19(月)と20(火)は連休とさせて頂きます。
考えてみれば、スタッフには個別で連休をちょこちょこ取ってもらってますが、
お店の連休も久しぶりになります。
まだ5月の10連休をずっと営業したことは忘れられてないんだ、僕たちは。

宜しくお願い申し上げます。



2019/4/19 休日の御知らせ

一月(いちげつ)往(い)ぬる二月(にげつ)逃(に)げる三月(さんげつ)去(さ)る
、だそうです。
そうか・・もう四月か。
四月なのね。。。。
とか言ってるうちにGWも来そうです。
今日は、ACワイン吉留です。
ちゃんと更新しよう。

件のゴールデンウィークのスケジュールですが、
以下のようになっております。

スクリーンショット (28)

つまり、 無休でやります。
GWが開けた5/7(火)はお休み頂きます。
理由としてましては、
輸入業者さんもずっとお休みだったり、
お伺いしましたお客様方が思ったより遠くに行かれなかったり、
思ったよりも、休日の吉祥寺に需要が発生するような気がするよう気がしたり、
色々ありますが、一番の理由は
☆ 読 め な い か ら ☆
と言う事につきます。
なんせ皆様も私も初めてのことなので、
流れに身を任せてみよう、という感じです。

スタッフは順繰りにお休みを頂くつもりですが、お店は開きます。
連休前はものすごい商品入荷だとは思いますが、
入荷がストップする連休中はゆる~り営業になると思います、多分。

皆様、宜しくお願い申し上げます。

2019/3/6 新入荷情報です。

こんにちは、ちかです!
03E42260-6603-4FA3-A8CD-DC05B26DD3C4
83A9E2DF-DBF2-434E-A8A6-576672F89E1A
ちかです。

いや、違います。
吉留です。

アトレさんのお魚売り場では、ちょくちょく不思議な小魚を見つけます。
今回は「ちか」という謎の御魚。
私は小魚をみると大体買います。
大体衣をつけて揚げてみます。
調理法とか名前の由来とか詳しく調べずにやるのもいつものことです。
なかなかに生々しい香りを漂わせていらっしゃったので、
お水と白ワインで軽く洗う。
そんでマヨネーズ入りテキトーな衣+パン粉。
で、じゅわー。
小魚って面白いですよね。
なんか春っぽい。

春っぽいといえば、この季節的な、あの生産者の新VTGが入荷しました。
シャブリの生産者、モロー・ノーデです。
モローノーデの記事ばかりじゃないけど。

2AD960BF-0596-433F-82DE-19FA842A7DF3重なってるぜ。

しかも、新世代シャブリのトップ2と呼ばれる、もう御一方、
パトリック・ピウズのテロワールドシャブリ2017も同時に入荷。

image同時だぜ。
image勿論試飲してるぜ。
モロー・ノーデの細かなスペック
2017の村名シャブリの味わいですが、
(あくまで輸入されたばかりの、まだ落ち着いていない現時点での味わい、という意味ですが。)
これまでのモローノーデの味わいからすると、やや優しめなボディを持った、純度の高い糖度を
表に感じる、まろやか目の口当たり、といったスタイル。
適度な熟度の桃を剥いた時のエロティックな香りはありますが、
早くから飲める味わいに仕上げたようです。
無論口中でぎしっと存在感を示す、貝殻的カルシウム的なミネラルはぴしっと装備されています。
例年に比べて素直な甘みを感じるのは、酸が柔らかいからでしょう。
硬質な面を柔らかく飲ませてくれる、出来の良い優等生です。
ま、これから瓶熟によって変化していくでしょうから、経過を見ていきたいところです。


しかし同時抜栓した(写真忘れた)パトリック・ピウズといい、
これらの輸送コンディションの良さ、には毎回驚くばかりです。
これらの2社の輸入業者さんの努力には感心します。
(別の業者さんです)
お疲れ様です。
そしていつもお値段交渉のテーブルについてもらって有り難うございます。

結局、「ちか」さんの正体は調べてません。
なんだったんだろ。
ここまできたら調べないでいこうかな。

3連休のお知らせ。

来週のお休みのお知らせです。
2月18日(月)、19日(火)、20日(水)
で3連休を頂戴します。
20日(水)はメンテナンスのためコピス吉祥寺全館が休業となり、
前日の19日(火)もお休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

ニュージーランドの羊ソーヴィニヨン、最新ヴィンテージ入荷。

当店の人気アイテム、ベビー・ドール ソーヴィニヨン・ブランが
最新ヴィンテージ2018になって復活しましたので
あらためてですがご紹介します。
D621B18C-F358-4313-9F3D-125E1F5D10A0


産地:ニュージーランド マールボロ地方
生産者:イーランズ・エステート

ベビー・ドール ソーヴィニヨン・ブラン 2018
1380
(税抜)  1490(税込)


イーランズ・エステートは、バイタリティあふれる経営者
ピーター・イーランズ氏が代表を務めるワイナリーグループ。

ニュージーランド南東の銘醸地マールボロにて彼らは
「サスティナブル・ワイングローイング」と呼ばれる栽培方針をとっています。
「サスティナブル」、最近よく聞くようになってきた言葉ですね。
新聞などでも「サスティナブルツーリズム」「SDGs」などでおなじみですが、
「サスティナブル・ワイングローイング」とはなんでしょう。

社会と自然が共存し、未来を見据えたワイン造り。
「サスティナブル・ワイングローイング」とは直訳で「持続可能性のあるワインづくり」。
ブドウ畑だけが延々と広がる、20世紀型のモノカルチャー経営ではなく、
環境を破壊しない(に優しい)、持続可能かつ多様なワイナリー経営を指す言葉です。
葡萄畑と外部環境(その中で働く人々、ワインを消費する人々をも含む)
との境目をなくし、社会と自然、人間と他生物が長期的に共存できるような環境を
ワイン造りによって整えていくという取り組みで、その活動範囲は多岐にわたります。
たとえば、葡萄以外にも様々な植物を植える、牛や鶏を放牧する、養蜂場の設置、
処理が困難な廃棄物の削減、再生可能エネルギーの積極的な採用、二酸化炭素の排出量を抑える…
そしてそこにはやはり、農薬の使用を控えるなどのビオロジック的理念も内包されています。
サスティナブル・ワイングローイング・ニュージーランド
(Sustainable Winegrowing of New Zealand®以下SWNZ)という認証団体が主導しており、
立ち上がりから10年以上経った現在、50%以上の国内のぶどう畑で、
サスティナブル・ワイングローイングが実践されているまでとなりました。
swnz-oct07.DbD1dg
SWNZの認証マーク。

「イーランズ・エステート」もそのひとつ。
全ワインがSWNZ認証を取得しており、その品質の高さは評判で、最近では
「インターナショナルワイン&スピリッツ」誌の
「ニュージーランド・プロデューサー・オヴ・ザ・イヤー2014」にも選出されています。
EC480695-109A-40C4-9C61-139381E00664

園内で飼っている小型羊をモチーフにしたブランド。

「ベビー・ドール」シリーズは、彼らが手掛けるカジュアルレンジ。
ワイナリー内で放牧されているミニチュア羊
「ベビードール・シープ」がブランド名の由来です。ベビードール・シープは、
ぶどうが実る高さまでは届かない小型サイズの羊(体高45~60cm)。
そのため、除草の役割を大いに果たし、害虫を防ぎ、
自然からできる肥料を担っています(そしてブドウも食べられる心配はなし)。
our-story-sheep--

そのなかでも「ベビー・ドール ソーヴィニヨン・ブラン」は、
当店で長らく定番アイテムとして紹介しているワインです。
この2カ月ほど欠品していたのですが、先日2018ヴィンテージが入荷しました。
2018年のマールボロは、シーズンを通して暖かく乾燥した天候が続いた1年で、
良・質ともに大満足な出来となったようです。
たしかに今までにテイスティングした2018マールボロのワインは
どれも例年よりもいい印象たったんですが、このベビードールもやはり良かった。
このワインに使われた葡萄の収穫は2018年3月31日から4月10日にかけて。
これは通常よりも2週間ほど早い収穫だそう。
Chard and Bruce

爽やかな香りと、強い体幹!

グレープフルーツ&パッションフルーツの鮮烈な香り。
それに加え、若干のネクタリンやミネラルも。
芝生や草原のような、いわゆるグラッシーな香りはそこまで強くありません。

フレッシュで、生き生きとしたアタック。
ライムの風味が弾けるように口中に広がります。
味わいの密度は、いい意味で強すぎません。軽快で爽やか!
しかし味わいの体幹がしっかりしていると表現すべきでしょうか、
軽やかですが吹けば飛ぶような頼りなさはありません。ヘロヘロしていません。
フィニッシュもほんのりとした苦みがありますが、クリーン。

年始のご挨拶&1月のお休み。

新年明けましておめでとうございます。
本年もACワインをどうぞよろしくお願いいたします。

当店は本日2日より営業をしております。
本日2日と明日3日のみ18時閉店となります。
御来店される際はご注意ください。
(4日以降は通常通り、20時閉店となります)

1月のお休みは
7日(月)、15日(火)、21日(月)、22日(火)、28日(月)
となります。
14日(月・祝)は祝日のため営業、翌15日がお休みとなります。
また、21日・22日で連休を頂戴します。
94DB16C7-7125-44B6-B501-0B75F6AFC424


年末のご挨拶。

ACワインの年内営業は本日18時にて終了いたしました。
毎年思っていることですが、2018年もやはり、激動の1年でした…。
2018年にご利用いただきました、全てのお客様に御礼申し上げます。
ありがとうございました!新年2019年の営業は1月2日から。
それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

元旦は飲んだくれます!

年末年始の営業のお知らせ。

E9035AC7-992C-4281-8973-6E79D9022989

全然更新のできていない当ブログ(すみません…)。
久しぶりの更新は、年末年始の営業のお知らせです。

当店は通常、月曜日定休を頂いていますが、年末のこの時期は月曜もお店を開くため、
元旦1日以外は無休で営業しております。
ただし、特殊な営業日が3日ほどございます。

まずは

 12月19日(水)   13:00~20:00

来週水曜日19日は、店内工事のため、13時開店となります。
ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。


もうひとつは元旦前後。

 12月31日   11:00~18:00
   1月1日   お休み(コピス全館休館)
   1月2日   11:00~18:00

   1月3日   11:00~18:00
こちらは毎年のことなのですが、
大晦日と1月2日&3日はコピス全館が18時閉店となります。
宜しくお願い致します。

本日の営業時間短縮のお知らせ【追加変更】

台風24号の接近に伴いまして
コピス吉祥寺全館は本日30日、17時閉店となります。
(注:午前中までは18時閉店でしたが、JR線運休に伴い17時に変更となりました)
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

現在は文字通り、嵐の前の静けさですが、
午後以降は武蔵野市も大荒れとなる見込みとのことです。

ご来店をお考えの方は十分にお気をつけてお越しください。

シチリアからやってきた、可憐で瑞々しい白猫ワイン。

普段から「ワインはコンディションがとても重要」と言い続けている当店ですが、
ものすごくコンディションの良いイタリアワインが入荷しました。
これは生産者はもちろん、インポーターさんによるところも大変大きいですね。

西シチリアの誠実なワイナリー、フナロ。
今回入荷したワインは西シチリア、トラーパニ県産。
作り手は「カンティーナ・フナロ」というワイナリーです。
chardonnay-raccolto

代々トラーパニ内陸部で葡萄栽培を行ってきたフナロ家ですが、
ジャコモ、ティツァーナ、クレメンテの若き3人の兄妹の主導により
2003年より自社瓶詰めによるワイン造りをスタートします。

「家族が育てた葡萄でシチリアのテロワールを存分に生かした高品質なワインを造りたい」
という確固たる思いの元、葡萄本来の味わいを引き出すためにオーガニック農法を選択し、
2011年にはICEA(イタリアの代表的な有機栽培認定機関)の認証も取得。
栽培だけではなく環境保全のための取り組みも積極的に行っており、
可能な限り亜硫酸塩の排除は勿論、ソーラーシステムや薬草による水浄化システムの装備、
ワインボトルやラベルの素材まで消費者と自然への配慮を怠りません。
28616552_1296781543755450_3517236148843008748_o
とてもとても美しい、春のサレーミ葡萄園。

約60haの葡萄畑は、トラーパニ県の内陸部にある2つのコムーネ、
サレーミとサンタ・ニンファの周辺、海抜150m~450mの石灰質の地に広がります。
シチリアの厳しい暑さに対処できるよう灌漑システムを完備。
灌漑というと「EUでは禁止じゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
確かに昔はそうでしたが、温暖化の影響もあり、
2000年代中盤ごろからEUでも灌漑の利用が
条件付きではありますが許可され始めています。
8452_412010475565899_361163694_n
細いパイプみたいなのが灌漑システム。そしておドッグ様。日陰ラブなご様子。

すべての葡萄は手摘みで丁寧に収穫、直ちに醸造所に移送され、
近代的設備のもと、清潔な環境下で醸造を行っています。
526532_405110592922554_450638814_n
フナロの醸造設備。

華やかでフルーティーな白猫。輸送コンディション素晴らしい。

C54392A2-DEBE-4E1D-B70B-7799D05EB7D8
ガット・ビアンコ 2017
1380円(税抜) 


「白猫」と名付けられたこのワインは、
ジビッボ(マスカット・オブ・アレキサンドリアのシチリア名)と
地場品種インツォリアをブレンドしたテーブルワインです。
ラベルはホワイトおキャット様。可愛いですね。

インツォリアはサレーミの農園(海抜150m、シルトと粘土の混合)、
ジビッボは醸造所が隣接するサンタ・ニンファの農園(海抜400m、粘土石灰質)
に植えられたものを使用しているそうです。
14051668_830408183726124_4085853981908756095_n
フナロの農園に実るインツォリア。

575245_405536919546588_103851651_n
こちらはジビッボ。

インツォリアは9月第1週、ジビッボは9月第2週に、
それぞれ最も涼しい時間帯に手摘みで収穫します。
醸造所に到着後、直ちに圧搾し、15℃にてアルコール発酵。
そのまま少しの間寝かせたのち、瓶詰め。
タンク内と瓶詰め後をあわせた熟成期間は2カ月ほど。
1511353_471360379630908_2126508021_n
段ボールもちゃんとおキャット様。

艶のある黄緑がかった麦わら色。
マンダリンやマスカット、金木犀などのフレッシュな香り。
華やかな風味と瑞々しいタッチ、フレッシュで心地よい酸。
ジビッボの個性を引き出しつつ、うっとおしくない程度にとどめています。

そして作り手さんはもちろん、インポーターさんの輸送コンディションが素晴らしい…。
今風にいうと良コンディションすぎて尊いです。
瑞々しさが最後まで持続する、乱れない余韻にインポーターさんの心意気を感じます。

ぴちぴちなオーストリアロゼ「シルヒャー」久しぶりに入荷!

うだるような暑さが続いてます…当方もうだりまくってます。高山です。
そんななか、夏に飲みたいオーストリアのロゼワイン
「シルヒャー」が入荷しました。お前を待ってた。

D8CE90CC-F7A0-4E2D-9EB2-8B7569A0B846

世界一はっきりした酸をもつロゼワイン

「シルヒャー」とは、ブラウアー・ヴィルトバッハーという
オーストリアでも全体の1%しか造られていない黒葡萄から造られるロゼワイン。
誰が言ったか「世界一はっきりした酸をもつロゼ」とも言われており、
かなり濃いめの色合いと鋭い酸が特徴といわれます。
その高い酸を生かすという形で、
故郷のオーストリア南部・ヴェストシュタイヤーマーク地方では
塩気や脂の多い料理のお供として楽しまれているようです。
ただ、ちょっと個性的なため、輸出はあまりされてなかったワインなのですが
才能のある造り手により、近年親しみやすい飲み口のシルヒャーもいくつか登場、
その流れで国外でも見る機会がチラホラ増えてきているようです。
とはいえ、日本ではまだ全然知られてませんけど。
試しに楽天市場で「シルヒャー」と検索したら
4アイテムしかヒットしませんでした。どマイナー。
csm_sauvignon-5_01_7496013e2a
シルヒャーの故郷、ヴェスト・シュタイヤーマーク州。
地中海の影響を受ける温暖な気候と、なだらかな丘陵地帯がつづくことから
「オーストリアのトスカーナ」と呼ばれてるそうです。
トスカーナかどうかはわかりませんが湿気はすくなさそう。もうそれだけで羨ましい。


csm_blauer_wildbacher__1280388956__5189_9afc162b43
そしてこれがシルヒャーに使う黒葡萄、ブラウアー・ヴィルトバッハー。
ブラウフレンキッシュとブラウアー・ポルチュギーザーの交配により
20世紀初頭に誕生した品種です。
ワインはややワイルドな風味と濃い色調となります。


ライテラーは、シルヒャーを国際市場に広く紹介する生産者のひとり。
当主クリスティアン・ライテラー氏はブドウの成熟を待ち、
できる限り収穫を遅めることで、酸が突出しない、
バランスのとれたワインに落とし込むことに成功しています。

酸はバキバキだが飲みにくくはない。むしろ飲みやす!

この「シルヒャー フリッツァンテ」は、弱発砲性に仕上げたもの。
クリスティアン曰くこのフリッツァンテは
「ヴェスト・シュタイヤーマークからプロセッコへの回答」。
かっこいいかよ…
複数畑から、最初に収穫したブドウで造られます。
収穫後、除梗し優しくプレス機にかけ、色と風味の抽出のため
コールドマセレーション(8℃以下)をプレス機の中で行います。
期間は果実の状態により、10~15時間、最長で20時間ほど。
その後、アルコール発酵を行い、二次発酵はシャルマ方式で行います。
残糖度8.0g/L、総酸度8.0g/L。

色はやや青みがかった、かなり濃いめのルビーピンク色。
結構色濃い。シルヒャーの特徴です。
穏やかで、程よく口のなかを刺激する泡立ち。
ザクロ、ワイルドベリー、シダ類、スミレ、山椒、高麗人参の香り。
どこかこうピリッとくる、東洋のスパイスのようなニュアンスがありますね。

とっても溌剌としたアタック。
確かに、鋭く伸びる酸が味わいの中心にあります。直線的でシャープ。
第一印象は「おお、酸効いてんなぁ」です。クリスプ!ってやつです。
しかし、このワインは作り手さんが「プロセッコへの回答」と話す通り、
プロセッコ的仕上げ、わずかに甘みを残すという仕上げをしてるので
潜在的な甘みが酸の鋭さをコーティングしてくれています。
酸が「飲みづらさ」につながることはありません。
酸っぱいけど美味い。酸っぱ美味ワインです。

そしてほろ苦さもちょっとあります。
茎とかではなく、漢方的というか、乾燥した根っこを思わせる苦みですね。
それが味わい中にほんのりと現れておりアクセントになってます。

料理はハムやサラミのほか、エビとアボカドのカナッペ、
餃子、チャーシュー、エビチリとかといけそうですね。
中華食べたいです中華。
8DD4619E-8F39-46FC-A8A5-2BCB869D99C9
飲みにくいどころかスイスイ飲めちゃう系。
アルコール度数11%とはいえ飲みすぎ注意です(一晩でこれ)

2018/8/25 試飲商品と新入荷諸々

暑さが帰ってきちゃったよ・・・
特に呼んだ覚えないのに。
それならそれでやりようはあるんだぜ。
今日は、ACワイン 吉留です。

こうなったら、アイツを投入だ!
5535333F-BEF3-4A07-A199-77CD878269FBどん!
当店では最早御馴染みになりました、
オーストリアのマイナー品種から造る爽やか微発砲ロゼです。
ライテラーのシルヒャーです。
以前詳しく書いた記事はこちら↓
オーストリアのマイナー産地からフレッシュ辛口のロゼフリッツァンテ
いつも爽やか!でも今回は更に爽やか!
酸度はそのままに残糖度は例年よりも半分に!
合うお食事とか、結構考えつきました。
別記事で詳しく上げる予定なのです。

あ、写真の右が通常のシルヒャー・フリッツァンテで、
左が瓶内発酵・ノンSO2・ノンフィルター・濁りまくりの極辛口スタイルのシルヒャーです。
なんとこちらは前のロットと同じVTGが再輸入されてきたのですが、
発酵が進んだんでしょう、もうすんごい辛口。
残糖度ほぼない、と言っていいでしょう。
にごり系の中でもコンディションが良い、だから飲める。
このバージョンも近日入荷します。

こんなのも試飲しました。
前回は冬に来ました、オーストリアの小規模生産者クアンタムが造る
超どぶろくワイン、その新作です。
旨味極辛口。
試飲してみて、今回は左のグリュナー100%のものを扱わせていただくことに。

75FD1ABC-5C8A-4EBA-9BE0-8549D857D3CF

39F78F6F-6458-4772-AEFB-72D4403BB15Cこんな感じ。

此方も試飲させて頂いたスペイン赤2種。
ガルナッチャ2016とクリアンサ2013。
面白いほどに後口が辛く(総糖度0.3g/Lとか)、鈍重感も感じない、
タンニン滑らかつやつやな造り。
これはこの季節(暑め)でも行けるかな、と。
価格とクオリティのバランスが非常に良い感じになってくれた
(ありがたや)ので、早速投入です。
09598B5F-3344-4AED-911E-5FB80B8157DC

試飲の風景
36F55D20-E01A-4818-9E1D-472F2595ECD9 819FFF46-D4EF-4A8E-A07C-0E44BC6AE4A8 36F55D20-E01A-4818-9E1D-472F2595ECD9


夏の暑さが和らぐことを期待しつつ、まだまだ新入荷は続きます。
まだまだトライ(試飲)し続けますぞ!


2018/8/19  再入荷情報~

いや~、涼しいですね!
最高。
ずっとこんな感じで行きましょうよ、この際。
暑いですね!とかもう当分使いたくない単語です。
2年分ぐらい使ったですよ。

こんにちは、涼しいですね、吉留です。

突然、再入荷してきたのが、こちらのアルザス。お久し振りですね。
ルシアン・アルブレヒト の
クレマン・ダルザスNV
リースリング2016
シルヴァネール2016
3種類です。
2E52BD9A-3E30-467A-B87E-436D6CC04D0A
諸事情(*)ありまして、しばらく取り扱いを止めておりました。
*秘密の諸事情は↓だ!
⊕お値段が上がった ⊕一部商品の在庫が無くなった 
⊕ワインのボトルコンディションに斑があった ⊕そもそも輸入を止めるらしい 

そしたら、ひょっこり再入荷。
いや、色々ありますね。
経緯はともかく、嬉しいんですよ、個人的には。
安心してご紹介できる2016ですし、
価格は以前と同じ価格になるように配慮していただきましたし、ね。
(まあ、オーダーした後、値上げします!て連絡がすぐ来たけどな!)

日常使いできる、柔らかな口当たり。
自然な残糖感を残した、伝統的な造りに仕上げてきてます。
(といっても残糖度はリースリングでL/5gとかなり控えめ。)
D3939C92-0385-4E99-8D61-797643E40B54おおっ。やはりミネラルも健在です。

元祖クレマン・ダルザスの作り手としても知られるアルブレヒト、
以前の果実の張りと酸が際立っていたロットと違い(リリース直後はマジ酸っぱかった)、
今度は洗練された上質な蜜を最初から感じます。
0F6A5804-C84D-4502-B25A-ECA1131A8EA4結構飲んでるね。

と、いうわけで、現在店頭にて展開中であります。
2E52BD9A-3E30-467A-B87E-436D6CC04D0A
C134B300-48E3-4F90-92DD-B59FA19D6407

秋を思わせるこの低い湿度にピッタリなスタイル。
ごゆっくりお楽しみください。

2018/8/12 残って色々のつぶやき

お盆ですね。
当店は変わらず月曜日のみ定休日を頂きながら、通常営業致します。
今日は、ACワイン吉留です。

PC入替準備のため、閉店後に事務的な仕事を色々やりつつ、
色々試飲をしつつ、の毎度平常運転中であります。
これ、フェイスブックに反映され無かったら、同じ内容やるのか。
うむむ。なんかつかいにくいなあ。
やり方考えた方がいいのかなあ。


73C8B479-7A83-4AB2-8917-191F753F429B

しかし、今ロットのミニエールの情報の多さと言ったら、もう。
なんか凄過ぎて、判りにくい、というレベルまで来てます。
これ、ジャック・セロスに影響受けて、とかそういう括りをとうに越したレベルです。


6F2417A5-F139-410E-A491-0F81A3471D01
陳列場所の問題でまだ正式に御紹介してませんが、
ジュヴレ、だけでなくブルゴーニュを代表する名手(そしてお値段な)のジョセフ・ロティ。
そのピノ100%で最も安いレンジである、コトー・ブルギニョン。
更にVTGは2015ときたもんだ。
シルク・ベルベット。陳腐過ぎて今は使われない言葉ですが・・・敢えて言いましょう。
シルク・ベルベットであると。はあ、なんと美しい甘み。軽やかに動きを魅せるしなやかボディ。毛羽立ちの無さに溜息。簡単に言うと、うっとり。
御値段はマジ特価。

C33CB47F-39FD-4230-B0E1-F3D7B47653D9
しかし、最近のミニエールといったら、もう。ジャック・セロスの

てさっきやりましたか。そうですか。
まあ、お好きな方にはたまらんテイストでしょうね。このブリュットゼロは。




ソーヴィニヨン+グロ・マンサンが編み出す爽やか白ワイン

フランスはボルドーの南東、ガスコーニュ地方から

きっちり冷やして飲みたいテーブル白ワインが入荷しています。

CC491381-C0B5-40EB-A9E4-62D4E7CC9E50

「ドメーヌ・オルジェリュス」はフランス北西部ブルターニュ地方出身の

ジョゼフ・ル・マン氏が、暖かな土地を求めて1978年に
南西部のガスコーニュ地方に移住、設立したワイナリーです。
ガスコーニュ地方はその温暖な気候となだらかにつづく丘陵から
「フランスのトスカーナ州」と呼ばれているそうです。はじめてきいた。

モンレアル・デュ・ジュールというコミューンに本拠を構え、

オルジェリュスはその周辺に計約90haほどの農地を所有。
ここらへんは葡萄でつくる蒸留酒「アルマニャック」が大変有名ですね。
うち60haが葡萄畑で、
ここから収穫した葡萄でアルマニャック、

そしてデイリーユースのワインをつくっています。

foto_pro_173_2_g
オルジェリュスのオフィスと葡萄畑。

現在はジョゼフの息子、ヨアン・ル・マン氏がワイナリーを牽引。

ヨアンは夜間収穫や醸造面での酸化対策などを取り入れ、
オルジェリュスのワインに鮮やかさと躍動感を与えました。

image
ヨアン・ル・マンさん。ナイスガイ。

「コート・ド・ガスコーニュ」はソーヴィニヨン・ブランとグロ・マンサンを
6:4でブレンドしたデイリーラインです。
ソーヴィニヨン・ブランは国際品種で有名ですが、
グロ・マンサンはあまり聞き馴染みのない葡萄かもしれませんね。

南西地方の愛すべき品種グロ・マンサン

グロ・マンサンは、フランスとスペインを隔てるピレネー山脈のフランス側で栽培される白ぶどう。
晩熟で、柑橘やアプリコットやカリンなどの香りが表れ、
高い酸味とふくよかなボディをもつワインとなります。
高めの収穫量でも質はあまり落ちないという利点もあり、
フレッシュなテーブルワインから凝縮力に優れたものまで、幅広いワインを生み出します。
ちなみにプティ・マンサンという兄弟みたいな白ぶどうがいますが、微妙に違いますね。
aiaraldea--racimos-txakoli_1600
名前の通り、プティ・マンサンのほうが粒が小さい。

植えられている区画は、ケイ酸を多く含むシルト土壌。

ソーヴィニヨン・ブランは95日から順次行い、

グロ・マンサンは1010日に一挙に収穫したそうです。
フルーティーな香味を保つため、低温度にてステンレスタンク発酵を行い、その後熟成。
残糖度は6.0g/Lとほんのりと残していますが、飲み口は完全に辛口ですね

シトラス、晩柑、パッションフルーツ、ツタ、芝生の香り。

香りの面ではソーヴィニヨン・ブランの個性がよくあらわれているなーという印象ですが、

口に含むとグロ・マンサン由来の厚みが感じられます。そして十分なレベルに達している酸は、

味わいにピントを合わせる役割を果たしています。
爽やかな風味、適度なコク、すっきりとした余韻。
お値段は1380円(税別)です。
いい感じに力の抜けたフレッシュワイン。
ワイン飲みたい…でも力の入ったものは飲む気にならない…というかたにおすすめです。

2018/8/8 本日の営業時間

皆様、今日は。ACワイン吉留です。
台風迫ってますね。

ちょっと珍しいですが、
本日の全館営業時間の変更が先ほど通達されました。
A8602E19-0C0A-4890-9ABC-24FE8EBD5E13

本日8/8(水)
閉店時間 17:00

です。
当店が入っておりますCoppiceの事務局の方から、
先程連絡ありました。
前回の台風で、Coppiceも被害が出たようで、
今回事前対応する、という流れのようです。
スタッフも先に返すつもりです。
御出勤の皆様、お気をつけてお帰り下さい。
本日お休みの皆様、ごゆっくりお過ごしください 

私は個人的にワインを買って帰ります。映画でも借りて、そのお供として。

フレンチアルプスを瓶詰めしたかのような美しい白ワイン。

あまりにも暑すぎる7月。涼しいところに行きたい。上高地とか。
そんななか昨晩は入荷したサヴォワ、というかビュジェの白ワインを飲んで
魂がすこし救われたのでご紹介します。暑気払いにどうぞ。

44E7D474-523A-4350-B61D-CF5F4A9B1D86
ルーセット・ド・ビュジェ 2016
作り手:カヴォー・キナール
1,790円(税別)

ビュジェ、聞きなれない産地です。直訳するとビュジェのルーセット。
ルーセットというのはサヴォワ地方でみられる白葡萄ですが、
しかし場所がマイナーです。まずビュジェってどこだという話から。
ビュジェはフランス南東部、スイスとの国境にほど近い地方。
BugeyAinRhône-AlpesFrance
ビュジェ地方。絶対涼しい。移住したい。

地理的にはサヴォワ地方の西隣にあります。
日本ではフレンチアルプスの麓として紹介されることが多いですね。
(「フレンチアルプスで起きたこと」という怖い映画がありますね)

さてこのビュジェ地方、
日本では「ビュジェ=サヴォワのなかの一地区」という認識が一般的。
実際僕もそう思っていたんですが、
地図を見てみるとどうも違うようだということがわかります。

vin_carte_savoie_bugey

緑がビュジェ、オレンジがサヴォワ。
実は同じくらいの広さなんですね…。県も違う。

サヴォワはワイン産地だけではなくスキーリゾートや避暑地、
ミネラルウォーター「エヴィアン」の採水地として
世界的に広く知られているいっぽう、ビュジェはちょっと地味。
なのでビュジェはサヴォワの衛生地区、みたいな扱いになっているのかなと。
つい最近まで、ビュジェはワイン法的にはVDQS呼称だったというのも影響していそうです。
(2009年にVDQSからAOCに昇格しました)
いずれにせよ、この一帯のワインを指し示す際は本来、
「サヴォワ&ビュジェ」と書くべきなのかもしれません。

カヴォー・キナールは、そんなビュジェエリア内でもサヴォワとの境界線に近い
ブルジェ湖の西、マシニュー・ド・リヴにあります。
Massignieu-de-Rives_Vue_générale_12
マシニュー・ド・リヴ(Massignieu-de-Rives)全景。
昨年のツール・ド・フランス 2017第9ステージで登場、

背後に控えるグラン・コロンビエ峠は、超級山岳として有名になりつつあるそうです。
ロードレース、見るの好きです。ルールほとんどわかってないけど。

現オーナーのジュリアン・キナール氏は、4世代から受け継いだ畑を愛する地元っ子。
畑仕事に力を入れており、2008年には有機農法への全面転換を果たしています。
424924_289003701171375_234960784_n
冬季選定中のカヴォー・キナールの面々。
左から3番目がジュリアン・キナール氏。皆さんいい笑顔。


所有する計12haの土壌は、主にジュラ紀の粘土石灰質土壌が中心になりますが、
3万年前~1万年前の最終氷河期までに生じた氷河の浸食による
氷堆石(モレーン)が入り混じっています。
549af8a0080fa20208516e570dfba2da_s
畑に転がる氷堆石。スイスや北イタリアなどアルプス周辺でよく見られます。
日本でも北アルプスの名峰・槍ヶ岳の中腹などに見つけることができます。

カヴォー・キナールはいくつかの銘柄をリリースしていますが、
日本に入ってきているのはこの「ルーセット・ド・ビュジェ」です。
ルーセット種(アルテス種)は、サヴォワ&ビュジェを代表する白葡萄。
コクがあって密度の高い白ワインを生み出すこの地方の誇りとも言える葡萄で、
高級なものですと10年以上の熟成も可能な白ワインとなります。
カヴォー・キナールの使用しているルーセットの樹齢は平均40年。
発酵・熟成ともにステンレスタンクにて行ったのち瓶詰め。

フレッシュ・アーモンド、ベルガモット、りんご、黄色系フルーツの香り。
この種ならではのコクのある果実と、研ぎ澄まされた酸。
丸みがあるのに凛としてます (そして地味に甘みすくなめ)

ワインのなかに水の滴った草花があり、大きめの岩があり、
少しだけ肌寒い風、雪解け水がある(イメージの話です)
なんというか、フレンチアルプスの空気をワインにしたような味わい。
DSC_0323 small
こんな味わい(イメージです) ワインのなかに飛び込みたい。

魚のソテー(サーモンとかマスとかがモアベタ―)、チーズフォンデュ、
もしくはジャガイモのグラタンなどと一緒にどうぞ。
「この酷暑のなか、あえてチーズフォンデュ食べよ!!」
というチャレンジャーな方、お待ちしてます。

2018/7/1 やってきました!サマーニュージー

最近、御客様に教えて頂いた Gil Evans が流れている店内からこんにちは。
ACワイン吉留です。
自分の知らない世界に触れる、というのは楽しいものです。
教えて頂いて有難うございます!

ワタシの知らない世界。
それは新ヴィンテージ。
つまり2018年産。
皆様、もうお分かりですね?
そう、あいつが帰ってきました。
1B1A228C-EE50-4480-9D33-357E9D468DBD

ニュージーランド南島ネルソン地区から爽やかさをお届けするためにやってきた、
オールドコーチロード
ソーヴィニョン・ブラン ライターアルコール2018

今年も空輸で登場で有ります!
スペックだけ見ると、2018は非常に良かったようですね。
昨年2017年に比べて収穫も2週間程早く、更にアルコール度数も昨年より1%高くなってきました。
7D542B6D-3AFA-428A-A18A-8A93DBC7F71E

と言っても10.5%!ライターアルコールの名に恥じない、自然な低アルコール。
しかも、今年は果実の存在感がありますなあ。
フレッシュ(総酸度もワインの限界ギリギリ。ちょうすっぱ)なのに
キウイフルーツ・パッションフルーツ・固めの桃の果実感充実のために、心地よく飲めてしまう。
Huuuuuuu~~~!
これはいいぜ!
若葉の香り、上品に伸びた芝、ハーブの香りもほんとに爽やか。

ビーチで飲みたい!

ビーチに行きたい!
暑いんじゃあああああ。
店内は涼しいけど、自然の風は最高なのだ!

と、いうわけで恒例の奴も登場です。

スクリーンショット (53)


夏が、来た!


2018/6/29 あのシャブリ、来る。

今日は、ACワイン 吉留です。
来月の店休日のお知らせになります。
スクリーンショット (66)
7/16日(海の日)は祝日の為、翌火曜日をお休み頂きます。
海の日てなんだろな~と改めておもって、ちょっと見てみました。
海の日Wiki
海の恩恵に感謝する日なんですね。
海近くで育った人間としては、訳も無く嬉しくなります。
海フェスタとか語感が面白くていいですね。

さて、
なんだか暑くなってきましたね。
暑い時期には、白、を御紹介するのが定石です。
但し、これらは凄い白であります。入荷は今週末かな・・・。
シャブリ

毎年この季節に御紹介しております、
卓越したシャブリの生産者、モロー・ノーデMoreau-Naudetの作品群。
日本で最も認知度の高い白ワイン生産地区、御存じシャブリは
海だったところに土層が堆積して出来た土壌です。シャブリの土質
おや、海繋がりだ。(わざとらしい)
生産者情報はこちらにて。モロー・ノーデ
毎年言っておりますが、
こちらのインポーターさんのコンディションは実に感心させられるものがあります。
入荷予定ラインナップは以下の通りです。

2016  Chablis       参考上代¥3,600 × 12本
2015 Chablis Vieilles Vignes Les Pargues     参考上代¥4,470  × 3本
2015 Chablis 1er Cru Fôrets  参考上代¥5,400 × 3本
2015 Chablis 1er Cru Montmains 参考上代¥5,400× 3本
2015 Chablis Grand Cru Valmur  参考上代¥12,000 × 2本
2006 Chablis Vieilles Vignes Les Pargues   参考上代¥4,990× 3本  ※2018年3月生産者蔵出し

それぞれの情報は又個別でメルマガにてお知らせしますが、今回の要点は

1)質的にも量的にも困難な年として知られる2016の村名入荷。但し、この12本限定。
2)現在の名声を築き上げた前当主ステファンのラストヴィンテージ2015の1級が入荷。但しこの数。
3)思い焦がれていたグランクリュが複数本入荷!といっても2本だけ。

です。
造ってくれたドメーヌの皆さんと
分けて頂いたインポーターさんに感謝しつつ、大事に販売していきたいと思います。
moreau_naudet_chablis_panneau

moreau_naudet_chablis_taille

moreau_naudet_chablis_vaillons

DSC00420 (1)

image1 (1)

virginie 2跡を継いだ奥様、ヴィルジニ

stephane moreau-naudetステファン・モロー

有難うございます!


2018/06/21 新着のお知らせ

世間はワールドカップ ロシア2018で盛り上がりを見せていますね。
グループリーグを幾つか見てますが、面白いです。
クラブチームで見ている選手が国を背負って戦っている姿は、
普段を見ているだけに、ドキドキの仕方がちょっと違います。
日本は勿論として、ドイツは2戦目が心配ですし、クロアチアが勝ち抜くと楽しそうですし(勝ち抜いた!)、フランスは前線がきらきらしまくってますし、クリスティアーノはクリスティアーノですし。
お供は勿論ワインなのです。
皆様こんにちは、ACワインです。飲むワインは特に試合に関連付けてません。

暑くなってきたのに、よりによってボルドーです。
いずれもシルキーでしなやか、しっとりした質感。
それでは、しっとりと行ってみましょう!
熟成ボルドーです。
12BD3AED-8E9F-4F07-934B-FCEDBFD93123
難しい、と呼ばれる1993年。
しかし、そこは長期熟成向きとされるベレール・ラグラーヴ。
御値段もいいですね。
そして、コンディションの良さは外側からでも伺い知ることはできます。
91E1ADA3-4C15-4993-B1D8-04B4E4EDBD15
ラベルはぴっかぴか。
67B3DA00-7029-40CC-ACCB-D23598E26F9E
外側から見たコルクも完璧。
96494715-7261-4DA2-BD84-10BEFA6BA218
こりゃ綺麗。
D5B4BCC3-584A-4D0C-9637-7DF471A564BA
抜いても綺麗。
52F36C1C-62F9-4228-A742-CE4E86007DD6
色調も綺麗。透明感ありますな。懸念の濁りがないのが嬉しい。

革、湿った土、森の下草、中国茶などの複雑な香り。カベルネ由来の僅かなミント。
やはり色からわかる健全な熟成香。
残糖は少なめなものの、枯れ切ってはおらず、ほのかな果実が健在。
辛すぎず、心地よい滑らかなフィニッシュ。
うむ。これは良い。
若いワインに比べて情報量が多くなってしまう熟成ワインは、
長時間の仕事上がりにちと応える(なので、泡か若い白を飲むことがほとんど)のですが、
これは素直においしい。
生産者に左右される年ですが、安心しておすすめできるのが
他のVTGもやってみようっと。95とか96とか。

そして、以前もやっておりまして、その進化の方向に面食らいつつも、見直してしまった
シャトー・セネジャック。今回は2014再入荷に加え2015も登場です。
80FDE1AB-C0A3-45D9-B551-00E5BA39E5E0
前回の記事はこちらです。
すごいセネジャック
私がびっくらしてる様子が伺いしれますね。
ただでさえエレガントなVTG,2014を受けてのこの線の細さとスムースさ。
これは美しい、そして判りにくい。凄いワインになったもんだと感心しました。
ビオディナミにスイッチしたからどうのこうの、というわけではなく、
根本的にこのワインの向かう方向性を変えてきた、そう感じます。
エレガンスとフィネス。全くお気軽なワインではない。
そして2015ですが。。。糖度が上がったグラマラスな造りになってるだろうから、
判りにくさも軽減されてるんだろうな・・・・とか思ってたら、
異常に目の詰まった、引き締まりを感じる、はっきりとした塩気を湛えた
実に密度の高い、静かなワインでした。
やっぱり判りにくい。
そして前回に輪を掛けて恐ろしいワインになってました。
これ、断じてこの価格のワインではないです。
味わいを構成する要素のパーツが細やかすぎて、
細部を見るのが楽しくなってくるほど。
ミネラルが杯を誘う。
ワインの内容に自分が集中して近づいていく、そういったタイプです。
仕入て良かった。本当に。

といったワインが店頭にて活躍中です。

あ。こういう赤達だけでなく、
近々爽やかなニュージーランドの白ワインが登場する予定です。
この時期に相応しい、あのブツです。
真夏のサンタ・・じゃないヌーヴォー
こちらも個人的に期待しております。
最近暑いしなあ・・・・。

美しい酸をもつ南仏のグルナッシュブラン。

南仏のグルナッシュブランながら、シャープな酸と繊細な風味をもつという
異例ともいえるグルナッシュブランが入荷しています。
1D5EBC5A-9A34-4574-8FBD-AFBDC909013A

ラングドック屈指のアペラシオンであるフォジェール南端の外側、
地中海に面したリオン湾に面する、ラングドックワインの集積地ベジエより、
北に15キロメートルのところにあるコミューン、マガラ。

「ラ・フォン・ド・ロリヴィエ」はブリュノ・グラニエ氏によって
1999年、マガラに設立されたワイナリーです。
roquebrun
マガラの街並み。いいかんじです。

グラニエ家は代々この地でブドウの栽培を営んでいた農家でした。
ブリュノ氏の祖父の時代は約100ヘクタールのブドウ畑を所有していたそうですが
遺産相続等で畑は徐々に分割されていったそうです。
小さい頃からワイン造りに興味があったブリュノ氏は、
高校、大学で醸造学を学びつつ、祖父のワイナリーを手伝っていました。
18-2-13-VINI-SUD-NO3-2
当主ブリュノ・グラニエ氏。

そして自身でコツコツ買い集めた約11ヘクタールの畑と、
祖父から譲りうけた約8ヘクタールの畑をベースに39歳で独立に至ります。
ワイナリー名は、この地区に噴水や泉(Fontaine)のように
オリーブ(Olive)樹が沢山ある事から
「La Font de l'Olivier = オリーブの泉」と名付けたそうです。
graphics239-500-299
北ラングドックにはこんなオリーブの古樹が自生しているそうです。

ファーストヴィンテージは2001年。樹齢の高いブドウ畑を多く持ち、
恵まれた日照量と少ない降雨量、クオーツ石英石が混じった
三畳紀の砂岩質がもたらす絶妙な水はけ具合の畑から、
力強くも綺麗な酸をもつワインを作り出しています。
la-font-de-l-olivier3
ラ・フォン・ド・ロリヴィエの畑。仕立てはゴブレ式です。

平均樹齢35年のグルナッシュ・ブランからつくるこの白ワイン。
総生産量7,000本という少量生産。伝統的な100%有機栽培、
病害対策の散布も最低限に留めています。
また、収量は35hl/haとかなり低めなのもポイントです。
収穫後、ステンレスタンクで発酵。
綺麗な酸をダイレクトに生かすため、マロラクティック発酵は行いません。
その後、ステンレスタンクにて8カ月熟成。

1D5EBC5A-9A34-4574-8FBD-AFBDC909013A

白桃やリンゴ、アプリコット、白い花の香りのほか、
グリーンオリーブのような香りがしっかりと出ています。
このオリーブ香はグルナッシュ・ブランに割とよく表れる香りではあるんですが、
この作り手さんのワインからは特に強く感じるのが面白いですね。

口に含むとグルナッシュブランらしい厚みを感じますが、
それ以上にシャープでキレキレな酸、こちらのほうに目を向けざるを得ません。
マロ発酵なしとはいえ、思った以上に酸レベルが高い。
線が細く、しかし鋭い酸です。
この酸がグルナッシュ・ブランの豊かなボディを支えてくれます。
お値段は1730円(税別)。これからの時期に活躍してくれそうな南仏白なんじゃないでしょうか。

2018/05/20 予告と季節感のある白

ちょっとしたB品フェアを急遽やってみたら、ご好評頂きまして、
なんだかもう殆ど無くなってます。
8A557FA8-284E-46B3-8A67-BA2ECB057E0F
これは本腰をいれてやってみてもいいかも・・・・・・・・・
(仕込み中。ごそごそ。)
超近日中にお客様に告知したいと思います。
皆様、今日は。ACワイン吉留です。

比較的のんびりしたゴールデンウィークも終わり、
季節が本格的に暑いやつにシフトしようとしているようですね。
それでも季節は暫く安定しなさそうです。
30度近くを連発しつつ20度そこそこに急落下してみたり。
昨日は暑く本日はひんやり。
そんなきまぐれな気候なので、使い勝手の良い白を多数やっております。
夜は涼しめで昼間は暑い。じゃあ白でないの?
しかも厚みのある白でないの?
でも清涼感欲しいんじゃないの?
というわけでこんな感じです。
image
ロワールの白。しかもシュナンブラン。
・甘口で有名な産地の
・しかもその甘口で有名な生産者が
・甘口用の葡萄を造る上級な畑から
・選果したおして厚みのある辛口にしちゃった
・しかも凝縮度とボディが増した2015年
通常ロワールといえば清涼感ですが、品種とVTGの事もありこちらは豊満な蜜系辛口。
そうは言ってもロワールなので、もたつく要素はなし。
イメージと違う、それゆえこの時期にマッチする1本です。

image

そして、南仏ラングドックのグルナッシュブラン。VTGは2017。
・南仏で
・しかもグルナッシュブランで
・でも17年だから
・とても爽やか
オリーブが周りにあるからでしょうか、はっきりグリーンオリーブの香り。グリーンバナナ、桃の皮もほんのりと。フィニッシュは滑らかながらもピシっと切れてくれます。
でもやっぱり南仏なので酸ベースではなく、柔らかなフルーツもあるのが面白い。
キレのある南仏、というイメージと違う、ゆえにこの時期のマッチする1本です。


image

お久しぶりの登場、ボルドー白の銘醸地グラーヴのちょい熟成品。
セミヨン主体には蜜蜜の香りと熟れすぎていないさらりとしたメロン。
適正なレベルで施された樽熟成と瓶熟成により、まろやかな口当たりと優しくさらりとした後口。
特徴的な、重すぎないボディがこの時期にマッチする1本です。

と、いうことで色々白をやっております。

と言ってるうちに
来ちゃいました。
B品パレード第一弾!入荷であります。
ラベルすれてたりキャップセルにちと難があるだけで、
中身はいたってまともなお買い得群。
毎度おなじみ1本ずつしかないものも多数ございます。
総数684本ございます。
超極小店舗の当店、今陳列しているものが無くなった陳列する的な感じで、
じわりじわりと販売して行く予定です。
皆様、ぜひお手にとってご検討ください。
49F4D386-CF3A-4F78-8563-CB69EC51C32F
16B407D1-A94A-49EC-BD54-5A1FF16D2D10
80BA08FF-99AF-4482-AFBC-1F2E3CB2C00F


ロイマーリースリング「レンツ」最新ヴィンテージ来たる。

オーストリア・カンプタール地方の名手「フレッド・ロイマー」が
リースリング100%で仕込む端正な辛口「レンツ」。
その最新ヴィンテージ、2017が入荷しました!つい昨日!

E12B5780-CDB6-47EB-AF81-3456D5F4A743
フレッド本人による2017ヴィンテージ評は以下です。
(ロイマーのHPより)

「こんなに早い収穫はいままで経験したことがありません。開始がなんと8月29日!
この早い収穫はワインに張りと構造を与えてくれました。
厳しい寒さだった1月から始まった2017年でしたが、
4月中旬までは非常に温暖な天候が続きました。これが早い発芽をもたらしてくれました。
しかし5月中旬には「氷の聖人」と呼ばれる季節外れの寒さに襲われました。
(ドイツ語圏では5月中旬に時折くる寒波のことを「the Ice Saints」と呼ぶそうです)
しかし、幸いなことに我々の葡萄は、致命的なダメージを受けず切り抜けることができました。
Austria2560

その後、開花は順調に進み、グンポルツキルヒェンで6月中旬、
それより遅れること10日ほどでランゲンロイスでの開花が完了しました。
6月終盤にはほとんどの畑で葡萄枝の形成が終わりました。
2017年前半のランゲンロイスは雨が少なく、やや干ばつ気味でしたが、
葡萄樹はうまく生き延びてくれました。
また、この乾燥した気候によっていくつかの恩恵もありました。
例えば、病害の懸念がなくなり、健全な状態を保つことが例年よりも容易でした。
e9a34772cef626df65fcc1a2050edc49

長く待たれた雨は7月最後に降りました。
8月と9月はパーフェクトといってもよい天候で、
とりわけグンポルツキルヒェンでは常に最適な水分量が保たれました。
雨後の風にも恵まれたおかげで葉などの
地上部位はすぐに乾燥した状態に戻ってくれました。
2017年はとても素晴らしい作柄といえます。
グンポルツキルヒェンでは9月15日、
ランゲンロイスでは10月12日に全ての収穫を終えました」

相当よさそうじゃないですか…。
期待せざるをえない。

「レンツ」はカンプタールとその周辺にある畑の葡萄のブレンドでつくる
リースリング100%の辛口白ワインです。
畑の土壌は80%が片麻岩、10%が砂利、10%がレス。仕立てはギュイヨのほか、
レンツ・モーザーと呼ばれるコルドンの変形ものを採用しています。
7de3f81821b250aed3856494cee94a2f
レンツ・モーザー。レンツ・モーザーというオーストリアの名門ワイナリーが
1950年代に考案した仕立て法だそうです。まんまなネーミングですな。

樹齢5-30年、植密度2500-5000本/ha、収量40hl/ha。ビオロジック農法です。
9月の中旬から終わりにかけて手摘み収穫。
4-12時間のスキンコンタクトを行ったのち、
培養酵母を用いてステンレスタンク・温度20℃にて2-4週間の発酵。
澱とともに4ヶ月寝かせ、2018年1月に瓶詰め。
瓶詰め時の残糖度は4.9g/L、総酸度7.9g/L。アルコール度数11.5%。

前ヴィンテージと比べると残糖も酸もそれぞれ約1.0g/Lずつあがってます。

6D133A9E-33D6-4D15-A450-A5A8E17072E7

今年の初めに瓶詰めしただけあって、とてつもなくフレッシュで澄んだ印象。
わずかに甘さを感じますが、辛口と表現して全く差し支えない範囲です。
それを可能にしているのは酸。これにつきます。
酸のレベルが素晴らしく高い!レンツ史上最高の酸です。
これぞ、crisp!ってやつです。
もぎたて桃の果肉、そしてものすごく白い花。
それに夏柑、わずかに土、ホワイトチョコの香りなどなど。
ピチピチとした酸と、適度に厚みのある果実味のバランスが相変わらず絶妙。
リースリングって、ここのバランスが崩れると
結構辛い感じにもなりかねない繊細なやつなんですが、
この人はさすがです。そこにミネラルのカリッとした硬質感が加わることで、
「軽快ながらも軽くない」という、不思議な形になります。
継ぎ目なく、シームレスに口の中で展開してゆく、垂直性に富んだ味わい。

良いです。いいぞロイマー2017!
リースリング好きにはもちろん、緊張感のある白がお好きなかたもぜひ。

2018/03/28 本日の試飲と新商品

花粉対策のマスクに徐々に慣れだして、
弁当忘れてお昼に入ったうどんやさんで、マスク越しに思い切り水飲みました。
どういうことかというとこういう事です。
ダウンロード
今日は、ケビンマスク(ロビンの息子)です。
違います。吉留です。
結構こぼしました。

今週の新商品と試飲なのです。
5A399F5E-9567-4D03-9C10-C5C83E35BCE3なんか見覚えあるよーな。。。
037E583F-2D6F-4BDD-A2BB-2FF5E216622Aそう、当店でも地味に支持率の高い、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア赤白の上級レンジですね。
この地らしい、やや重心の低いドッシリ感のある白。日本の柑橘を使用した、あっさり甘酸っぱいマーマレードを思わせる果実の熟度。
1000円台中盤に下がって、価格からすると相当の内容に。

F4D480E3-A827-4AC1-8EE1-6F16EDFF72EDシチリアのネロ・ダーヴォラとシラーの組み合わせ、そして熟成。まろやかで暖かな入りながら、角の取れた甘さに逃げないフィニッシュ。おや、べたつきなくて良いぞよ。
78E14DA9-ABC3-4788-9B42-5F1C49A9E86F3~4月で当店で猛威を振るった、ブルゴーニュはマコンエリアの雄、シャトードフュイッセのマコン・ヴィラージュ2015の後釜的存在。
今度はダニエル・エ・ジュリアン バローのマコン・ヴィラージュ2016!
価格は当然無茶価格です。
調べてみるとこちらは、ダニエルの息子ジュリアンが2015に取得した畑とのことで、ジュリアン・バローの表記になっております。
2016らしい、ライム・レモンなどの香酸柑橘の爽やかさ。青々しく、心地よい苦み。そしてきちんと穏やかミネラル。まろやか豊満ちゃんのシャトードフュイッセに比べてみるとスレンダーでキレを保持するスタイル。
C3A9BB09-2BE1-48A8-B80D-8EBF86B01821比べてみた。
どっちも好き!

F3EB5A68-C519-4B75-AFB4-D6D3A144D137そして、今回のびっくりピノ。
やっす。でもちゃんとブルゴーニュしているんです。
土気とミネラルを保持しており、森的湿り気も保持する、単に「ピノノワール」でなくちゃんとブル。
この価格でこれだけ健康的な味わい。
健全な葡萄が収穫できた2015ならではなんだろーなーと思えます。

他にも
imageラングドック(!)のアルバリーニョ2016!
アルバリーニョらしく、レモン系爽やかさんから入り、ミッドの粘性あるのに後口のスパイスシードでさらりと締める。南仏なのに、ちゃんと「らしさ」が出るのは流石ヴィオニエの名手、ローラン・ミケル。
なんでも、この品種には南西地方で有名なプティ・マンサン種やヴィオニエと似た特徴があり、遺伝子的にも共通性があるとか。

ほかにもいろいろ試しております。
3E0DF23A-3524-4DA7-B0C8-3C5765DC1C66シードルやら
A46A619F-1D83-478C-96D9-09F20229BC13新着のボルドー・ブルゴーニュやらスペインやら

といった感じで落ち着くことなく季節にマッチングするものを探しております。

今週の試飲25本の結果
もうやってるんだなこれが 14本
う~~~~んmmmm 5本
これは・・・・ちょっと・・・ 6本






2018/03/22 ブログ更新試行錯誤

今日は、ACワイン吉留です。
最近花粉症予備軍なのか喉がちと痛いです。マスクしてます。
たまに目がかゆくなるので眼鏡の時もあります。
そうなると当店スタッフは全員眼鏡です。
0CD2057C-A2E5-498C-BF88-641193873FD5
そういえば初老・老眼鏡が雇用条件のレストランもありますね・・・みんな大好きオノ・ナツメ!


店情報の更新し易さを目指して、試しにこんな感じで行ってみます。

試飲したもの
4D849D4A-9AED-433E-969E-13ABF196546Aラベル素敵スペイン
52563BC9-D0F3-47B9-9289-852CA0D13230スペインのアビーロード?
72B5B668-C3C8-41BD-936D-48E926E62E35大航海時代的スペイン
5F7E4109-81D1-4DEB-942A-F12E9553BC33ベビドールの新着。チャーミングロゼとクリーミィシャルドネ
B9970C26-7648-4D7E-8A81-02DB10838AE3ベビードールの泡。ピノグリのブラッシュスパークリング。色はちょいピンク的。お寿司に行けますぜ。
F779074A-1682-4595-A1C7-05E04CF3A9BBオーストラリアとか
2B9CE9D1-353A-450C-8B6A-494CEAC6D077ジョージアのオレンジとか。


今回の成績 と 本数

(良かったけど)保留 3
今は合わないかも 16
もうやっとるわ 3

ちなみに
123ADCCD-73F1-4C9F-A049-CC41CB79468C
ベビドの泡はマジでお寿司に合わせました。
ネタは全般的に相性良かった!ですが、特に帆立と甘エビですかね。

2018/03/08 準備万端?周年用ワイン、我慢できずに一部先行発射!

このところずっと40年程前のポップやらジャズやら掛かっておりましたACワイン。
2018年ですし、
4月には有難いことにお蔭様で10周年ですし、
春の足音が近づいてきましたし、
平成30年らしい曲にしようと考えまして、
This is Me のような新しい曲が流れております。
そう、THE GREATEST SHOWMAN ですね。

20180216204455心も踊りますね!そしてヒュー・ジャックマンのダメ男役は鉄板ですね!


当店は4月で開店して10周年を迎えることが出来ます。
御顔を見せて頂ける方、
お電話にてご注文頂ける方、
遠くよりメールにてご注文頂けるお客様、
お声がけ頂きます業務店の皆様、
辛抱強くお付き合い頂いております輸入業者の皆様、
本当に真面目に働いてくれるスタッフ。
当店に関わって頂ける、
全ての皆様の御蔭と深く感謝しております。
有難うございます。
これからも何卒宜しくお願い申し上げます。

ACワイン吉留


さて
毎年やっておりますが、今年も御客様への感謝を込めた還元企画を選考中。。。
当店はワインショップですので、やはりワインで勝負!させて頂きたいところです。
(私がイベント下手っていうのもあります。誰かイベント指南してもらえませんか・・・)
4月に企画品をずらららっと並べてしまいますと、
お客様も商品を絞れずに困る事があるかと思います。
御店の陳列的にも困ります。
そして、我慢下手な私の性格と合わせて、
前倒しで3月から始めちゃいたい・・・!という感じです。



具体的には、以下の様な企画になる予定(予定かよ)です。
一部既メールマガジンと順番も内容も被っておりますが、御容赦ください。
あくまで大まかな内容ですので、詳しい説明はメールマガジンにて随時お伝えします。
宜しくお願いします。

10周年特別アイテム

企画内容項目別 (価格は全部税抜きです。正式なタイトルは下にどうぞ。)

1) 本数限定特別企画

2) 本数限定特別企画デイリー編

3) グラス特価!

4) 08ヴィンテージ

5) 良B品?

 

骨子だけぬくと味気ないですね。それでは出来るだけ写真も交えつつ、
大雑把におおらかにいってみましょう!

 

1)お値段高くなっちゃってちょっと腰が引け気味なワインを頑張って下げるので、もう一度この際飲んでみないか。(長い)*このシリーズはアイテムを変えつつ4月まで続けます

 

フランス / ブルゴーニュ 

3/8シャトーフュイッセ

白)マコン ヴィラージュ2015 1980円 希望小売2700円 

プイィフュイッセの地を著名にせしめた立役者。2015らしい健康果実・マコンらしいボリュームと蜜。この生産者らしいフィニッシュのカルシウム的ミネラル。見直した!(失礼)

 0E8D65BF-2436-4CE0-8217-C41301B783DB

3/8ミシェル・ラファルジュ

赤)ブルゴーニュ・パストゥグラン レクセプション2015 2380円 希望小売3300円 限定12

赤)ブルゴーニュピノワール 2014 2980円 希望小売4000円 限定12

ヴォルネイの代表的生産者。パスグラは混植・樹齢90年超と気の狂ったスペック。ピノはまさにプティ・ヴォルネイ的しなやかさ。

 7CC32B46-B989-4F01-9376-64144881E56E
E4BCF288-ADE0-42BD-83A6-298171D3D37B

フランス / ロワール

3/1カイユブルダン 

白)プイィ・フュメ ボワフルーリー2015 2380円 希望小売3300円 限定12

このAOCの人気ドメーヌのスタンダード。なんか懐かしいよ、この価格。

 

フランス / シャンパーニュ

4/1シャピュイ

泡)カルトノワール ブリュット トラディションNV 2850円 希望小売4500円 限定12

泡)カルトヴェルト ブランドブラン NV 3800円 希望小売5960円 限定6

シャンパーニュを気軽に楽しめるって、こんぐらいの価格ですよね。

 

イタリア / ヴェネト州

3/24ネグラール

赤)アマローネ・クラシコ 2013 税抜3331円 希望小売4800円 限定12

ヴェネトの有名にして高級酒・アマローネ。「3+3+3+110」周年価格・・・はい、つまんないですね、すいません。

 

 

2厳選したデイリーを更なる限定特価にてスーパーデイリーにしてみるとか、どうかな

 

フランス / ラングドック

4/1ピッチニーニ

白)ミネルヴォワ ブラン2016 1333円 希望小売1800円 限定12

南仏銘醸の白。爽やかで春野菜にばっちり。1+3+3+310・・・てもういいですか、そうですか。


4/1
シャトードセラム

赤)コルビエール2012 1333円 希望小売 1900円 限定48

コンディションの良い熟成南仏赤。後口良し。「10」周年価格。

 

スペイン / バレンシア

3/15トレ オリア

赤)グランレセルバ 2011 1190円 60本限定

赤)モナストレル2016 1090円 60本限定

グランレセルバでこの価格かよ!熟成感と若さ両方あるのが○。モナストレルはめちゃ軽やかで口当たりマイルド。ラベルのフラメンコダンサーのおじさん?がポイント??

 0773D4E4-B665-4C59-AC05-4C917CBCB344

3/21イザギレ

赤)モナスティル ド タラー NV(多分2015980円 希望小売1700円 170本限定

メーカーさんよりご厚意にて。適度な強さとバランスの赤。無敵のデイリーと言えます。

 53C287E3-4CE7-4071-A02F-B4DB1578CFF4

 

3)やっぱりグラスウエアが大事!ワインライフ充実の為に放出価格で行ってみよう!

グラスによる味わいの引き出し方(つまり性能)ってすごいんだなあ、と改めて理解できるもの。でもグラスは消耗品の癖に高い。。。じゃあせめてものすごく安く行こうじゃないの!という話です。グラスの性能によっては1000円台のワインでも恐ろしく味わいが変わるのでトライする価値はありますよ。つまり性能の良いグラスで飲むと、味わいが格段に変わります。(長い)

4/1~ 
詳しくは大分長いので詳しくはメルマガにて御連絡します。

     普段使いの為のワイングラス

 

     ワインの潜在能力を引き出すナイスなワイングラス


     ここぞのグラス。熟練職人による究極のハンドメイドグラス。サイズはでかいが、個人的にはザルト(世界で最も評価の高いグラスの一つ。パーカー氏もお気に入り)より、こっちが使い勝手が良い。背も低め。

 

 

4)開店記念年2008にちなんで08のヴィンテージとか・・どう?なんかこじつけというか洒落ですが、中身は良いので、チャレンジしても良いと思われます。当然の如く特別価格&本数限定です。(*こちらも随時追加していきます)

4/1~フランス/ブルゴーニュ

赤)カミュ マゾワイエール・シャンベルタン2008 5980円 8本限定

赤)

ジュヴレの村長さん。熟成グランクリュをこの価格で!(ありきたりな文言)

 

4/1~フランス/シャンパーニュ

シャピュイ

泡)キュヴェ プレステージ リヴレーノワール2008 5320円 希望小売8500円 限定4

シャピュイのトップキュヴェ。「10」周年価格です。はい。

 

5)厳選したおした良B品もどう?

もうやりました・・・完売しました・・・・引き続き何か探してます。




という内容になっております。
3月の残りと4月からも引き続き宜しくお願い申し上げます。

2018/02/20 御礼と不思議な気分

最近はクラシックなPOPがかかっている店内からこんにちは。
マーヴィン・ゲイとタミー・テレルのグレイテスト・ヒッツがずっとヘビロテしてます。
穏やかな曲あり、穏やかな曲あり。のりのりなのです。
・・・・・・50年前の曲。。。か。
ACワイン吉留です。

先週の話になってしまいますが、
バレンタイン的なチョコレートを沢山頂戴しました。
有難とうございます。
0CFDD648-03BC-4431-A6A0-6026DC6B5C18
07A6E9E0-FBE4-4804-A30E-2C0FB669F656
7D27F0FB-6049-46DB-B7B5-A57BDB195C49

最近閉店後は、脳に無理やり馬力を出すために甘いものも食べております。
頂きましたものはそんなときの栄養補給に丁度良いので、ありがたく活用させて頂きます。
56A3A322-C580-4A3C-B0F9-E8510E43C8FE
新着を改めて飲んでみたりする時のあてにも好都合です。
有難うございます!

そんな日々の中、
井の頭線吉祥寺駅にて、なんとももやもやするポスターに出会うこともあります。
A4D20E3C-FBE6-4A52-8E72-00EBDBCF9AF7
そんで、そのキャッチコピーがこれ。





967FA77A-4779-4494-9562-42CCCDB8D430

「美少女」を「センター」てルビふるって・・・そのセンスが・・・なあ。








2018/02/16 このところの動きと新入荷

木曜日は珍しく早めに上がって、帰りにふらりと本屋に寄りました。
少しふらふらして(実際はしっかりとした動き)4冊購入。カバーはかけません。
内訳はこんな感じ。
F33A59A5-7188-4598-B5C9-F3A1E55E8675 (1)

西部劇の保安官が主人公のモテたい恋愛系ギャグ漫画。(某Yジャンプの恋愛頭脳戦にそっくり)
某名探偵の孫の事件簿の犯人が劇中の裏であわあわするセルフパロディギャグ漫画。(ギャグパターンが一人ボケ突っ込みのみという潔さ)
某賭博漫画のスピンオフの第二弾。勿論ギャグ漫画。
ツイッターでブレイクした漫画の書籍版

全部ギャグ漫画。君、疲れてるの?

皆様今日は、ACワイン吉留です。
いつの内容アップしてんだ、という話ですね。


先週も色々ありました。
先ずは新入荷をさらりと。

南フランス・ラングドックのクオリティメーカー、
ローラン・ミケルの代表作である
シラー2015とヴィオニエ2016の取り扱いをスタート。
37B3749C-AEDD-4C98-BA24-EA6D06B06F4D

589F50E0-CFFC-41BD-A4D3-A2FDD34788D6

確かにこの時期には向いてそうな品種では有ります。
しかし、この銘柄の良いところは
季節好適だからに留まりません。
スパイス・粘性・香り・アルコール感など、
個性を強調し過ぎたワインも散見されるこれらの品種ですが、
どちらも実に穏やかでバランス良好。
つまり極めて飲み易い仕上がり。
それでいて、きちんとした品種個性は備えている。
シラーは甘みを伴ったオリエンタルスパイス・黒胡椒、
暖かい土地のせいかメントール感が穏やかで清涼感として力を発揮し、
懸念のアルコール感の浮きも無い。
黒系果実を柔らかく、しなやかに飲ませる、上質なスパイス。
優しく身に纏う、オークのニュアンス。
ヴィオニエには、優しく漂う百合、ヒヤシンス、冷涼感のある香りに、
静かにその身に湛えた品の良いアルコール。
フィニッシュの瑞々しさと、ほんのりだが確かな種的苦味で引き締める。
こりゃびっくり。これ、1690円としてはかなりやばいレベルです。
単品で良し、併せて尚良し。山菜にはばっちりでしょう。
この冬~春にかけてパワープッシュ出来る逸品です。

その他にも

09E9D8E4-CE17-467C-B095-993B19546DB7
95%メルローのボルドー軍団がやって来たり

東欧の珍しい国のワインを試したり(いつものごとく自腹です)
BA84FE75-79D3-4089-A96B-0C5B4E0D9D78がっかりしてみたり
FAE4386B-BD07-4C08-86A9-AE85D5033284やっぱりコンディション悪いなあ・・・
当店の基準の相性とかではなく、単純に熱劣化です。これら。(10本ぐらい購入)
とか閉店後にため息ついてみたり

そして、
65C8BFBB-B137-4814-BE1A-A1AAD9660A0E
周年企画用に色々サンプルをご提供いただいて試してみたり
(このスペイン、全部良かった!インポーターさんと交渉して、更なるヴァリューが実現できれば・・・・・・・最高だ!)


964DED3A-613D-42AE-85DF-80D13868CB5B
北イタリア、ヴェネトの銘醸、アマローネの新作入荷の報を受けたり

C21A94C3-F99C-462D-A4AE-6985831C9F1B

試飲してみたり。(アマローネとしてはかなり御値段安め。中身も上々!)


769A5DD0-753C-4BEC-9AE8-600931BE04C2
年末に大爆発したシャトーセネジャック2011が前と同じ価格で入荷してみたり、
(この2011はカベルネくさくないカベルネ主体のボルドー、口当たり滑らかでリピーター続出でした)
御値段がやはり素敵ですね!
これ、セカンドワインではないんですよ。

74355A39-C569-4D83-B8ED-06D22ACC7110

そのセネジャック2014!!が入荷してみたりしてました。
2014という酸とミネラルに優れる、バランスヴィンテージだから、2011からさらにエレガントになってんだろ~とか思ってました。
飲んでみるまでは。
2011がボルドーらしい厚みを残しつつ、カベルネの青っぽさ、植物的要素が極めて少ない、
飲みやすさと強さと持った良ワインだったのですが、
2014は極北に行ってしまった・・・と思っちゃいました。
もはやボルドーでさえないのかも、と。
だって、酸が際立って美し過ぎる、口当たりがあまりにも滑らかすぎる。
芯はしっかりしながらも流麗な果実感はまるで太くなく、むしろしなやかで細目。
ミネラルは香りの時点ではっきりと存在感のある塩味を想起させるシロモノです。
タンニンの粒子の細やかさは、画素数でいうと4Kテレビ並み。
ブルゴーニュで造ってない?これ。
もちろんミッドにもフィニッシュにきちんとささやかな糖を感じ、
角が立った辛さはないのです。
わっかりにくい。
そしてすごく良い。
確かに2008以降はビオディナミ栽培に転向し、
シャトーポンテ・カネから技術供与を受けているとの話ですが、
それがこういう方向に花開くとは・・・。
一般的なボルドーのイメージを求めている方には、エレガントに過ぎて
面食らうかもしれません。
この御値段のボルドーなのに恐ろしく深淵。
昨今のワインの御値段が上昇の一途である為、違和感を感じる場合も多々ありますが、
探せば、まだまだこういうものもあるんですね~。


と、いうことで、
きたる4月の周年に向けて、
いつもご来店頂ける御客様を唸らせるような作品を色々探しつつ、
日々の仕事をしております。

遅筆はイカン。

なんか書き方考えなきゃな・・・。



店舗情報

ACワイン

吉祥寺にある小さなワインショップです。

東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-8-16 coppice FF B1
(吉祥寺駅北口から徒歩5分)

電話番号:0422-29-7461
営業時間:
火~金曜日 12:00~19:00
土・日曜日 11:00~19:30

定休日:毎週月曜日
(祝日の場合は営業、
翌日が休日となります)

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
ワインの御注文フォーム
  • ライブドアブログ